Social Media Surf Rotating Header Image

Posts on ‘10月 16th, 2010’

Starbucks ロケーションベースのクーポンサービスを活用

英国のネットワークプロバイダー”O2″はロケーションサービスの”Placecast”とパートナーを組み正確な位置情報を元に自動的にターゲットSMSを送れるサービスを提供している。送信の対象はO2のオプトインしている顧客で100万人以上となる O2のモバイルマーケティング会社である”O2 Media”はスターバックスとロレアルの2社と最初のクライアントとして6ヶ月間のロケーションベースのメッセージングサービスのテスト契約を結んでいる。スターバックスとロレアルの店舗に面したエリア入ったO2のカスタマーにはSMSによって自動的にディスカウントのクーポンが送られることになる スターバックスはこのサービスを利用し店舗付近のエリアにいるO2の顧客にVIA Ready Brew製品の50%のディスカウントを提供し、このディスカウントにより興味を喚起し店舗に足を運んでもらうことに期待している。一方、ロレアルはヘアケア関連の製品を対象にBuy One Get Oneのクーポンを送信する予定だ クーポンの送信はスターバックスの場合はフード・ドリンクに興味がある人を対象に、ロレアルの場合は美容に興味がある人を対象に行なわれ、嗜好ベースのセグメントも用意されている また、O2は1日の配信数の上限の設定や顧客情報の守秘など利用者にも配慮したサービス提供も心がけている この様なロケーションベースのクーポンサービスは、店側の提供したいものと利用者側の欲しいものがうまくマッチすれば絶大な効果がでるはずだが、関係ないものが多数送られてくるとスパムになってしまう。精度の高いシステムが出来上がることを期待する ソース:Mashable Starbucks and L’Oreal Test Location-Based SMS Coupons in UK Starbucks and L’Oreal Test Location-Based SMS Coupons in UK