Social Media Surf Rotating Header Image

Posts under ‘application’

Unsocial ビジネスユースのロケーションベースモバイルアプリ

“Unsocial”はビジネスコミュニケーションを強化するためのロケーションベースモバイルアプリケーション LinkedinとFoursquareをあわせたような機能を持ち、ユーザーをマッチングするアプリケーションだ。基本的にはビジネスユーザーのためのモバイルアプリで、ユーザーはサービスに登録しているまだ会ったことの無いビジネスパーソンと知り合ったりネットワークを構築する機会を提供する Unsocialは本日サンフランシスコで開催されたDiscoveryBeat カンファレンスのオフィシャルアプリとしてリリースされている。iPhone、Android、BlackBerryでの利用が可能で、利用できるエリアはサンフランシスコに限定されているが、近々他の都市にも範囲を拡大していく予定 ユーザーはUnsocialの新しいアカウントかLinkedinのアカウントで利用することができる。アプリには仕事や職場、役職など様々なプロフィールを登録することが可能になっている。Linkedinでログインした場合はユーザーネームや写真、ステータスなどはLinkedinのものが利用される 登録したプロフィールに加え現在のロケーションを表示することで、Unsocialのユーザーとつながることが可能になっている このアプリケーションはカンファレンスで利用するととても威力を発揮するはずだ。大勢の人が集まる場所で同じビジネスに興味を持つ人と出会うことができるだろう。またプライベートな情報を隠しパブリックな情報のみでミーティングのオファーをすることができるのもカンファレンスの時に便利な機能だろう ビジネスでのソーシャルグラフはLinkedinが少し抜き出ていてそれで十分という人も多いだろうが、ロケーションという機能によりネットワークを広げるチャンスを少しでも拡大したいという積極的な人には有り難いアプリケーションではないだろうか ビジネス分野のモバイルアプリはこれから拡大していくジャンルのはず、個人的には楽しみにしている ソース:Mashable New Location-Based App Makes Business Networking Smarter

Nike ソーシャルエモーションをランナーのモチベーションに変えてくれるアプリ

ちょうど1ヶ月前、Nikeは”Nike+GPS App for iPhone”をリリースした。今回はそのバージョン2.0を新たなソーシャル機能を搭載しリリースしている GPS機能を利用し、走行ペースや走行距離、ルートなどを記録しランナーのモチベーションアップを助けるアプリケーションは、新バージョンではFacebookフレンドからの”応援”を受け取り、それをモチベーション要素にする機能が採用されている ランナーは、ランセットアッププロセスで”Get Cheers”のボタンをONにすることで、従来であればランニングスのテイタスだけだったFacebookへのポストに、「応援コメントをお願いします、それを励みに走ります(“Cheer me on with a comment and I’ll get it on the run.”)」というコメントを追加することができる そのスレッドに付けられたコメントやLikeは”応援”としてアプリケーションに取り込まれ、それを見たランナーのモチベーションアップにつなげられていく。そしてまた走り終えた時には、アプリケーションはランニングステイタスとともに応援への感謝のコメントを追加しスレッドを更新していく仕組みになっている モバイルアプリはとかくスタンドアローンになりがちであるが、このたった一言を追加するという工夫がソーシャルエモーションを生み、双方向コミュニケーションへの発展のきっかけになるなるのだと感じさせてくれるアプリになっている また、この新バージョンでは”One More PowerSong”という機能も持っていて、ランナーが前回記録した走行距離から1曲分だけ長く走るようにナビゲートしてくれる ソース:Mashable Nike Upgrades iPhone App for Runners with Facebook Motivation Nike Upgrades iPhone App for Runners with Facebook Motivation

あなたの1日をゲームにしてしまうアプリ

“Streak.ly”は日々のタスクをやり遂げるモチベーションを保つのを助けてくれるアプリだ ラルフ・エマーソンの有名な詩に”良い意思は力を纏っている”というのがある。ある者は”本当の力は忠実に意思に従う事だ”と主張する。ただ残念なことに決意を抱くのと同じように意思というものは形にはなっていない。Streak.lyは我々がその意思を達成するのを手助けをしてくれる Streak.ly http://streak.ly/ ※10/6現在は参加人数制限のベータローンチ中 Streak.lyはあなたがしたい/しなければならない日々のタスクを書き出せるモチベーションツールである。このアプリはよくあるTo-Doリストのようなタスクマネージャとしてではなく、日々のちょっとした気をつけたいこと、本を読むや腕立てをするといったものを思い出すといった用途を想定して作られている アプリではモチベーションを高める要素として、達成率に応じバッジを獲得していく。インセンティブベースのゲームは近々用意される予定だ。毎日自分が用意したタスクをこなし続けることがポイントとなる。用意したタスクを7・14・30日間達成し続けるとバッチがもらえるだろう。 Streak.lyはリストの項目ごとに平均の達成期間や最長の達成期間を知らせてくれるので、これもモチベーションにつながるのではないだろうか。また、数ヶ月後に追加されるインセンティブベースのゲームの仕様も気になるところだ いささか単純なアプリではあるが、ついつい忘れがちな”小さなこと”でもちょっとしたリウォードでリマインドされモチベーションが上がるのであればそれはそれで良いことかもしれない ソース:Mashable Application Lets You Game Your Day Application Lets You Game Your Day

アプリとの組み合わせで活用するFacebook Places

Facebookのロケーションプロダクトはローンチされてからまだ間もないが、その”チェックイン”は他の機能との連携がうまく取られているため、Facebook Placeはビジネスチャンスを創出するよいツールとなるだろう Westfield Valley Fairのファッションモールはこの機能を早くから採用している1社だ。このファッションモールはメンバーに対し、Facebook Placesからの”チェックイン”の対価として15%オフのスペシャルクーポンを提供している。この手法はFoursquareではお馴染みの手法であるが、Facebookファンを巧みにオフラインのお客様に変える効果はまだ持っているようだ。このクーポンは”Fan Appz“のアプリによって提供されている ソーシャルマーケティングのソフトウェアを提供する”Context Optional“はFacebookのロケーション機能上でブランドへの興味喚起に取り組んでいる1社。「グローバルブランドのマーケターは地域単位でのマーケティングに頭を悩ませていることが多い。FoursquareやLooptなどの規模では小さすぎると考えていたグローバルブランドは5億人に対しマーケティング施策がうてるFacebook Placeには期待をよせている」とContext OptionalのCEOは説明する その需要に応えるために、そのソーシャルCRM会社はFacebook Placesへのチェックインアプリケーションをリリースしている。そのアプリケーションはブランドのPlace Pagesにチェックインに加えカスタマイズ可能なランキング導入も可能にしている。FouqsquareのようなMayorシップのようなこともできるだろうし、チェックインにスペシャルオファーなどの提供も可能になるだろう 機能的にも規模的にもFacebook Placesはさまざまなビジネスの要望にフィットする柔軟性をすでに持っているようだ。まだPlacesの周辺は首を傾げるほど静かだが、一気に普及する可能性は十分秘めているはずだ ソース:Mashable Top 5 Emerging Brand Trends on Facebook

開発者が見るiOSとAndroid どちらが有望なのか?[IDC調査](後編)

前編からのつづき ■開発者はどんな機能を望み、そして必要としているのか iOSやAndroidなどのプラットフォームの垣根を越えたところでは、開発者はどんな分野に興味があるのだろうか。アプリを開発するときどんな機能やAPI、インテグレーションが不可欠なのかといった点もAppceleratorとIDCの調査では質問をしている 興味深いことに、4/5の開発者がモバイルWebアプリの開発よりモバイルのネイティブアプリの開発を望んでいると調査は伝えている。多くの開発者はWeb開発から移行してきている背景があるのにである ネイティブアプリに続いては、ロケーションベースそしてプッシュ型のアップデートの開発をしたいという結果になっている。これらの2つの機能はモバイル特有の分野となっている。ユーザーの”いつ””どこで”という情報をベースにモバイルアプリは絶えず異なったデータを表示しなければならないという状況の重要性は日増しに強くなっている カメラ機能に関してもトラディショナルではあるが、ユーザーが更なる情報を付加するものとしてFlickrへのアップロードなど開発の必要性が増している。QRコードやバーコードのスキャンがアプリの牽引力を発揮するケースが多いのも需要につながっている理由のひとつ。写真は多くの情報をもたらしてくれるのでアプリが次に何をすべきかの情報として使われる FaceboolとTwitterとの連携のソーシャル機能も重要な機能となっている コマースの分野では、49%の開発者がiOSアプリ購入へのアクセスが必要であると答えている。これは彼らに取ってはアプリのアップグレードや性能向上にとって非常に重要なことのようだ PayPal Paymentは48%の開発者が望んでいる。PayPalは大きな労力をモバイルペイメントのプロセスに注いでいる。今年のはじめにはPayPal iPhone 開発キッドを開発者のためにリリースしているほど。モバイルペイメントはこれから注目すべき分野となる ■これから マクロレベルでは、Androidは可能性やその特徴で開発者を引きつけ続けるだろう。iOSはまだ特に収入面でアプリ開発業界全体をリードしている。 ただ開発者が自身が作るアプリへ取り込みたい機能をみると、どれだけプラットフォームにとらわれないかが重要だ。マイクロソフトやRIM、HPといった会社にも、開発者が望んでいる機能やサービスの簡単な実装方法を提供することで彼らの興味をとらえる可能性は十分にあることをこの調査は示している ソース:Mashable A Detailed Look at Apple and Google’s Fight for Mobile Developer Attention

開発者が見るiOSとAndroid どちらが有望なのか?[IDC調査](前編)

“Appcelerator”と”IDC”はスマートフォンの開発者がどのプラットフォーにフォーカスしているのか、またどんな特徴を重要視し、いつ新しいアプリケーションを開発するのかを調査し、その結果を発表している その調査結果によるとGoogleの Androidプラットフォームが長期的にはポテンシャルを持っているエリアである事を示している。特にスマートフォンやタブレットを超え様々なデバイスの可能性に起因しているようだ 事実、長期的に考えた場合のiOSとAndroidのギャップは6月の調査時点からさらに10ポイント広がっている。最新の調査では長期的に見た場合Androidの方が有利だと答えた開発者は58.6%、一方iOSと答えた開発者は34.9%となっている ■Androidは21世紀の”BusyBox”なのか? 今日までは開発者の”興味”という点ではiPhoneとiPadがAndroidをリードしているが、スマートフォンとタブレット以外のケースを考慮した時、様々なデバイスが接続されている未来を展望した時にAndroidが逆転し、その可能性が際立ち始めている 開発者への質問は、性能、オープン性、長期展望、マルチデバイスでのパワーの4点でiOSとAndroidをどう見るか、結果は以下のとおりである 4つの点でAndroidはiOSに勝っているが、マルチ接続デバイスとオープン性でAndroidがiOSを凌駕している。この2点がAndroidの可能性を物語っている 我々はすでに様々な形や大きさのAndroidデバイスが市場に登場しているのを見ている。Android ebookリーダーやAndroid TV、Androidピクチャーフレームなど、そしてこれから発売されるGoogle TVはAndroidベースのものであるだろう 基本的にAndroidは組み込み型デバイスには最適でカスタマイズが容易なOSである。このケースはGPLライセンスの”BusyBox”のケースと似ている。BusyBoxはとても軽く持ち運びが簡単なLinux Kernelと一緒に使えるツールとユーティリティのセットである。BusyBoxは手軽さを提供していた 多くの面でAndroidは21世紀のBusyBoxになっている。もちろん必要とされる基本のハードウェアの性能は高くなっているが、市場ではチップは安くなり性能は上がっているので、ネットワークやツールのサポートの実現、高いレベルでのアプリケーションのエコシステムを実現させている 理論的には、iOSは同じ目的で利用されるだろう。違いはAndroidはApacheライセンスのもと使われるが、iOSはAppleがライセンスをゆるしたデバイスメーカーだけが使えるというところだ ■iOSはまだベターな機会を提供している 長期的な視点でみるとAndroidがリードしているかもしれないが、調査結果をみるとiOSの方がまだ収入の機会は多い。ビジネスとコンシューマー向けアプリの最大のマーケットである AndroidマーケットはGoogle Checkoutにしばられ、まだすべての国で有料アプリが利用できるわけではない。この制限が開発者の収入の機会を損ねているといえる。加えてアプリを見つけ出すシステムがiOSと比べて弱いというのも原因のひとつだろうか 後編につづく ソース:Mashable A Detailed Look at Apple and Google’s Fight for Mobile Developer Attention

Foursquare アクティビテイ+リウォードの新しい展開を模索

ロケーションベースサービスの”Foursquare”はユーザーがチェックイン以外でバッジを獲得する方法を発表している 今回Foursquareが発表したのは、ランニングの履歴を記録したり共有できるアプリ”RunKeeper”との連携で実現した機能。RunKeeperでのチャレンジを遂行した人にリウォードのバッチが与えられる。例えば、ユーザーがRunKeeperで約50Kmをランニングした場合、そのユーザーのRunKeeperとFoursquare双方のプロフィールにマラソンバッチが付与される Foursquareは今まではリアル世界の”場所”をテーマに展開をしていたが、今回の提携によりその範囲は”行動”にまで広がったことになる。これによりユーザーは”行動”に関してもリウォードを受けたり共有したりする機会を得ることになる 今回はランニングアプリとの提携であったが、Foursquare今後も様々なアプリとの連携を模索していると伝えている。日頃なかなか継続するのがおっくうになりがちなものが、ちょっとしたリウォードで少しでもモチベーションが上がるのであれば、それはそれで良いことなのかもしれない この様な “アクティビティ+リウォード” 機能をもったアプリはトレンドになりそうな気配を帯びていると感じる ソース:Mashable Earn Badges on Foursquare, No Checkins Required

SCVNGR ビジネス向けFacebook Place Pageを加速させるアプリ

ロケーションベースサービスの”SCVNGR”はビジネス向けに”チャレンジ”と”リウォード”を導入できるFacebookアプリをリリースしている このアプリケーションは”チャレンジ”と”リウォード”といったカテゴリでは、Facebook Placesと連動しサードパーティだけで制作された最初のアプリケーションとなる。インストールは至極簡単でワンクリックで導入、Facebookユーザーへすぐに機能を提供することができる SCVNGRアプリページ アドオンとして提供されるこのアプリケーションは、Place Pageの左のメニュー部分に表示される。ビジターはこのアイコンをクリックすることでアプリのページに移行し、リウォードとチャレンジに挑戦できる SCVNGRがもつチェックイン、チャレンジ、リウォード、写真といったアクティビティがSCVNGRへはもとよりFacebook Placesにも反映されることになる。その拡散力は非常に大きなものとなり、コメントやLikeを獲得する機会が増大しビジネスへの影響、ソーシャルメディアでのプレゼンスも拡大されると予想される Facebookファンページはすでに多くの企業において自社サイトよりもビジターが多い重要な場所になっていて、Place Pageもまたそうなる可能性が高いと言われている。地域ごとのlocal Businessを考えると不可欠なツールとなるだろう このSCVNGRのアプリケーションはそんな流れを加速させるアプリケーションになるかもしれない ■SCVNGR関連の記事 ・ポイントが倍!? Check-inの新しい形”Social Check-in” ・SCVNGR ロケーションサービスに報酬プログラムを導入 ソース:Mashable SCVNGR Releases Facebook Places Application for Businesses

Hotlist 主要なロケーションベースサービスをアグリゲートするアプリ

“Hotlist”はFacebook PlacesやTwitter、Google Maps、Yelpのデータを統合してくれるGeo-Socialアグリゲーター Hotlist http://www.thehotlist.com/ 4つのサービスのデータ統合でより価値のあるチェックイン情報を作り上げている Hotlistはたとえ自分の友達が近くにいなくとも、そこにチェックインした人数や男女比率、YelpのレビューにTwitterのポスト、それぞれの人が付けたレイティング情報などを含んだ近くの人気スポットを紹介してくれるアプリケーション それぞれの情報は膨大で型もまちまちだが、Hotlistは実に見事にそれらの情報をまとめあげている。ひとつひとつのサービスではなかなか補えない情報をアグリゲートすることでカバーしたよくできたアプリケーションだと思う(各サービスのユーザーが膨れ上がった時にはデータがさばけるかは少し心配だが) 現在はiPhoneアプリが提供されているが、AndroidやBlackBerryへの対応が待ち遠しいところだ ソース:Mashable See What’s Hot Nearby on Facebook Places, Twitter and Yelp See What’s Hot Nearby on Facebook Places, Twitter and Yelp

Context Optional Facebookファンページにチェックイン機能を提供するアプリ

“Context Optional”はFacebookのファンページにFacebook Placesを利用したCheck-in機能を持たせることができるアプリケーション Context Optional Facebookページ カスタマイズが可能なチェックインパネルは、ファンとブランドがチェックインという形でつながることを可能にしてくれる。Leaderboardを設置すれば、頻繁にチェックインしてくれる熱心なユーザーを表示することもできる。Leaderboardにスペシャルオファーやディスカウントなどを提供することで、Foursquareなどロケーションサービスが実現させている成功例のような効果が期待できるかもしれない チェックインはモバイルプラットフォームとブランドのFacebookページから可能で、Leaderboardはファンのみがアクセスすることができる このチェックインとLeaderboardは、Context Optionalが提供するSocial Marketing Suiteの一部。Social Marketing SuiteはFacebookでのマーケティングツールを統合的に提供するSaaSソリューションとなっている Context Optional http://www.contextoptional.com/products/ ソース:Social Times More than a Mayor: Context Optional Facebook Fan Ranking App Leaderboard