Social Media Surf Rotating Header Image

Posts Tagged ‘Twitter’

ソーシャルメディアこれからの5年

これまでの5年間、ソーシャルメディアはひとつのブラウザ上で展開される一握りのコミュニティを、急速に広がるモバイル機器をも巻き込み、コンテンツ消費の習慣に大きな変革を促し、Webをこえたアイデンティティとソーシャルグラフのつながりをユーザーに提供することで数十億ドルの産業にまで進化を遂げている ロケーションというプラットフォームとともに、これからの5年はさらにドラマチックな変革をむかえることになるだろう。ワイヤー接続やワイヤレスネットワーク、ハードウェアなどソーシャルメディアに可能性を与える潜在的かつ先進的なテクノロジーに後押しされ、すべてのものがつながっている世界が我々を待っている。その世界は我々の生活とソーシャルメディアのインパクトを感じ始めている産業の構造改革に著しい変革をもたらすだろう ■テクノロジー 過去5年間のソーシャルメディアの成長はインターネット事業者や開発者のイノベーションだけでなく、いくつかキーになる発展によって成し遂げられていた。YouTubeの立ち上がりはブロードバンドの発展とFlash7の登場がなければなし得なかったであろう。同じようにここ数年のモバイルアプリの増加はスマートフォンの機能とモバイルネットワークの発展がなければ難しかったかもしれない 今日ではそのキーとなるテクノロジーは”4G”スマートフォンの登場と考えている。(3Gよりも4Gは著しくスピードが速い)米国では”Sprint HTC EVO”という機種が6月に発売になっている。しかしながらSprintの4Gネットワークのカバレッジエリアはまだ4000万人程度にとどまっている。同様にワイヤレスブロードバンドISPである”Clearwire”も5月にそのネットワークエリアは4100万人にしかリーチしていないと伝えている。現状はまだこの程度だが、モバイルブロードバンドの加入者は2013年までに全世界で10億と予測されている 加えてワイヤー接続のブロードバンドは投資の増加にともないアメリカの家庭の90%にまで届き、数年以内には50mbpsのボトムラインはクリアされるであろう。現在ではこうした需要と供給のギャップが存在する。それをクリアした時にソーシャルメディアのすべてのイノベーションが起こる ■強いものがさらに強くなる 比較的短いソーシャルメディアの歴史のなかで毎年のように「あなたや友達のホーム」としてメディアが登場する一方で、FacebookやTwitter、YouTubeといったソーシャルメディアサービスがこれからの5年でそのすでに突出したポジションから転げ落ちることはまず想像がつかない Facebookは今までのどのソーシャルメディアよりもユーザー数やデモグラフィックの多様性において遥かに巨大で、Webまわりではもはやログインサービスのデファクトになっている。YouTubeはオンラインビデオジャンルで初心者からプロのコンテンツにおいて競合をかわしアグレッシブに大きなリードを保ち続ける。Twitterも30万を超えるアプリのエコシステムと大小様々なメディアのディストリビューションプラットフォームに支えられ圧倒的な力になっていく 今日我々がみる最も新しい手法は、どうやって巨大なソーシャルメディアを作り上げるかではなく、FacebookのLikeやTwitter、YouTubeをどう活用していくかを考えることだろう ■ソーシャルメディアの次の最前線 より早くユビキタスなインターネットのダイナミズムが与えられ、ソーシャルメディアのランドスケープはいくつかのキーになるサービスでのアプリケーションとつながっている数十億の機器によって定義される。この5年間は過去10年プリントメディアでみられたドラマチックな変革がテレビやラジオといったメディアにもシフトをもたらすだろう インターネットはすでに誰をもパブリッシャーにしている。しかし今では、インターネットにつながったテレビにより誰もがお茶の間にアクセスすることを可能にしている。Blip.tvはこのトレンドにいち早く取り組んでいる。Blip.tvがオンラインを通じて提供している番組が1ヶ月に1億回近く視聴されていると報告している。これはABCとNBC、FOXの合計視聴数の10%に相当する このトレンドはアリーアダプターやBoxeeとRokuのようなセットトップボックスメーカーには放置されていたが、ここ数ヶ月ではGoogleTVやAppleTVの取り組みなどがみられる。同じくしていわゆる「セカンドスクリーン」プロバイダーはTwitterやFacebook、YouTubeを通してモバイルやタブレットを使いコンテンツ周辺のソーシャル体験を提供している。このトレンドは我々がプリントメディアでのここ最近の出来事を通して知っているようにテレビやビデオの領域でも消費者に選択の広さを提供するようになるだろう ラジオでも同じシフトは見られるだろう。今年の後半には”LTE Connected Car”が登場する。FORDがこの分野に取り組んでいて、Pandoraからのストリームミュージックをカーステレオで聞けるようにするというもの。ラジオの変革はテレビほど急速ではないが、イノベーティブではある。PandoraからLast.fm、BlogTalkRadioなど多くのコンテンツホルダーがこの波を待ち構えている ■ソーシャルメディアを超えて 接続されたデバイスのテーマはメディアを超えて膨らんでいくが、体重や脂肪の管理からカレンダーとシンクロしたアラームまですべてのものは急速に現実となっていく。我々はこのトレンドの結果として振る舞いの変化が起こっているのを見始めているのかもしれない。ロケーションシェアアプリの成長やクレジットカードの購買履歴をシェアするアプリなどがその証拠かもしれない この5年間にソーシャルメディアが我々を連れて行くところを決めるプロダクトや人やトレンドがあるだろう。しかし、アイデンティティの接続性やポータビリティ性そしてメディアの民主化といった重要なテーマはより活発になり、我々が5年間住むソーシャルメディアのランドスケープを大きく広がった新しいものにするだろう、ただそれは我々が今日既に慣れ親しんでいるものという現実もあるかもしれない ソース:Mashable The Next 5 Years in Social Media

Hotlist 主要なロケーションベースサービスをアグリゲートするアプリ

“Hotlist”はFacebook PlacesやTwitter、Google Maps、Yelpのデータを統合してくれるGeo-Socialアグリゲーター Hotlist http://www.thehotlist.com/ 4つのサービスのデータ統合でより価値のあるチェックイン情報を作り上げている Hotlistはたとえ自分の友達が近くにいなくとも、そこにチェックインした人数や男女比率、YelpのレビューにTwitterのポスト、それぞれの人が付けたレイティング情報などを含んだ近くの人気スポットを紹介してくれるアプリケーション それぞれの情報は膨大で型もまちまちだが、Hotlistは実に見事にそれらの情報をまとめあげている。ひとつひとつのサービスではなかなか補えない情報をアグリゲートすることでカバーしたよくできたアプリケーションだと思う(各サービスのユーザーが膨れ上がった時にはデータがさばけるかは少し心配だが) 現在はiPhoneアプリが提供されているが、AndroidやBlackBerryへの対応が待ち遠しいところだ ソース:Mashable See What’s Hot Nearby on Facebook Places, Twitter and Yelp See What’s Hot Nearby on Facebook Places, Twitter and Yelp

UNIQLO UK Twitterを使ったバイラルディスカウントキャンペーン

“UNIQLO UK”はTwitterを使った今までにないユニークな方法のキャンペーンでソーシャルメディアでのプレゼンスを拡大させている UNIQLO LUCKY COUNTER http://www.uniqlo.com/uk/luckycounter/ この”Lucky Counter”キャンペーンは今週に控えたUNIQLO UKのeコマースサイトのリニューアルに先駆けて実施されているが、イギリス国内のTwitterトレンドトピックスにブランド名が登場するほど人気をはくしている キャンペーンでは10のアイテムが登場していて、自分が欲しいアイテムを選択、そのアイテムに関するTweetをするとそのアイテムがどんどんプライスダウンをしていく仕組み(下限は設定されている)。9/9のeコマースリニューアルオープン時には最終的にそのプライスダウンされた値段でアイテムが買えるというキャンペーンになっている Tweetには個人のコメントに加え、事前に用意された”アイテム情報”やハッシュタグ”#luckycounter”が付与され、Twitter上での宣伝やバイラルの連鎖にも一工夫がされている このキャンペーンは電通のwebディレクターHiroki Nakamuraと共同で企画され、イギリスが最初の実施地域になっているが、今後アメリカやフランス、アジア各国でもこのキャンペーンは実施される予定 このプロモーションはPromoted Tweetなどは使われておらず、FacebookやTwitter上の参加者のポストからのみの誘導でまかなわれている。Tweetの広がりはキャンペーンのユニークさについてフォロワーに次々と伝えるかたちで徐々に大きくなっている UNIQLO UKのマーケティング責任者によると、このキャンペーンの目的はリニューアルのため一時的にクローズしているeコマースサイトの代わりに消費者とのリレーションを維持するため。その反響の大きさやTweetの内容、消費者とのエンゲージメントに関しても満足していると話している コマースサイトのオープン後には”Lucky Machine”というキャンペーンが予定されていて、勝者には賞金やディスカウントコードなどが提供される予定 ソース:AdvertisingAge Uniqlo’s U.K. Twitter Campaign Looks to Be a Perfect Fit for Retailer

Sprout Social 複数のソーシャルメディアを管理するツール

“Sprout Social”は複数のソーシャルメディアを同時にモニターし、効率的に消費者とエンゲージメントできるソーシャルメディア管理ツール Sprout Social http://sproutsocial.com/ Sprout Socialは小規模のジネスや代理店、ブランド向けにデザインされていて、ひとつのダッシュボードでFacebookやTwitterなど複数のリレーションが管理できるようになっている ソーシャルメディア上でのプレゼンスを上げることはビジネス上での大きな課題となっているが、どうマネージメントしていくかもひとつの課題といえる この様な管理ツールは”Involver“や”Vitrue“など大企業向けのハイレベルのアプローチを実現するものから、”HootSuite“のような個人レベルからアプローチしているものまで多くの企業が提供を始めている Sprout Socialは月額$9.99/$49.99という価格的な面や、機能的な面からもバランスのよい管理ツールではないだろうか 月額$9.99のプランでは、Facebook、Twitter、Linkedinをモニターし、ポストすることができ、月額$49.99のプランでは、3メディアに加えてFoursquareとYelpがモニター・ポストすることができ、ジオ・ターゲティングの管理も可能になってくる 30日間のトライアルが提供されているので、試してみてはいかがだろうか Sprout Social v1 from Justyn Howard on Vimeo. ソース:Mashable Better Manage Your Small Business’s Social Media Presence [APPS] Sprout SocialSprout Social

Justin.tv 最も簡単なLiveStreamサービスAndroidアプリ

もっと気軽にライブストリームが出来ればいいのにと思っている人には朗報かもしれない “Justin.tv”は簡単にライブストリームが実現できてしまうAndroidアプリをリリースしている(iPhone版は近々リリースの予定) Justin.tv http://ja.justin.tv/p/android Justin.tvはWiFi環境を必要とせず、長いアップロード時間や大掛かりな動作チェックなども必要がない アプリをダウンロードすれば、すぐにビデオレコーディングを始められ、Android端末を通じて”3G通信”でJustin.tvのサイトに動画のアップロードできる。アップロードされた動画はTwitterとFacebookを使いシェアをすることも可能だ ビデオのライブ放送はアプリのレコーディングポタンを押した時から開始され、アップロードされたビデオは固定URLで永久に保存される アプリのクリエイターは平均的なリテラシーを持った人が気軽にライブストリームができれば、モバイルビデオのパワーはもっと大きな力を持つだろうと考えている。政治への反対活動や子供の成長記録など様々な利用を想定しているようだ 気になるのは画像のクオリティとフレームレートだが、接続状態が悪い場合は画像のクオリティも落ちてしまうがフレームレートはスムーズになるように工夫がされている。接続状態が良い場所に移動すると画像のクオリティは回復されるようになっている 以下は他のストリームサービス(Ustream、Qik)とのスペックを比較した表だが、現在ではJustin.tvがベストなサービスであると思う ソース:Mashable Justin.tv’s Android App Lets You Broadcast Live Video Anytime, Anywhere

Nike+ スキーヤー・スノーボーダー必携のアプリをリリース

Nike+はロケーションベースサービスのGowallaと共同でスキーヤーとスノーボーダー向けのアプリ”EpicMix”をリリースしている このアプリはスキー場でのアクティビティを記録したり、それを友人や家族とシェアすることもできる。スキー場のリフト券やシーズンチケットを組み込んで利用することも可能だ 様々なアクティビティ達成にバッジが用意されていて、新しいコースへの挑戦や朝一番のリフト利用、滑った本数などによってバッジが付与される このアプリはGPS機能を利用しているわけではないので、いちいちチェックインをする必要はない。リフトやその他の多くの場所にチップをスキャンする場所が設置されていて、スキーヤー・スノーボーダーは止まることなく自動的にアクティビティを記録していることになる。もちろん記録されたくない人はオプトアウトすることが出来る ユーザーはアプリの中でFacebookフレンドがどこにいるのかを見ることができ、リーダーボードを立ち上げるとバッジの獲得状況を見ることができたり、集合時間や場所を決めるためのダイレクトメッセージを送れたり、Facebook PlasesやTwitterを通しアクティビティを友人とシェアすることもできる 残念ながら現在は、このアプリケーションはコロラドの一部のスキー場でしか使えないが、対応するスキー場が増えてくるとスキーヤーやスノーボーダー必携のアプリとなりそうだ ソース:Mashable Nike+ Meets Gowalla in Vail Resorts App for Skiers and Snowboarders

低迷する”エミー賞”をソーシャルメディアは救えるか?

60年以上の歴史を持ち、米国テレビ界に貢献した番組に送られる”エミー賞”がソーシャルに解放されることになった 主催するNBCはTwitterやyfrog、Ustreamといったソーシャルメディアを使い、ファンや視聴者との交流を通してよりリアルタイムな体験の提供を試みている 賞の権威よりも授賞式の視聴率の低下や視聴経路の多様化に対応したかたちになる Twitterには授賞式のホストであるジミーファロンの特設サイトが設置され、ファンは#imontheemmysというハッシュタグを付けtweetすることができるようになるが、プレゼンテーターはライブの間にこれらのtweetにコメントをするかもしれない。またレッドカーペットでのスターへの質問もこのTwitter特設サイトで受け付けている Ustreamではレッドカーペットの模様をライブで配信するとともに、バックステージの様子も中継するようだ。これは非常に会話が弾みそうな取り組みであるとともに、ファンや視聴者をより引き込める可能性がある yfrogにもエミー賞のページが設けられ、リアルタイムの参加している気分が味わえるような工夫がされる。当日参加するセレブやノミネートされたスターによるレッドカーペーッとの様子を写真やビデオによってTwitterを通じ紹介される NBCにとってこのような取り組みは実際の視聴率にどう影響するかは断定できないが、これからの運営の大きな経験になることは間違いないように思う。視聴者にとっては非常に楽しみな取り組みではないだろうか ソース:Mashable The Emmy Awards Get Social

Twitter Webベースのブックマークレットを提供開始

Twitterはブラウザーベースでtweetボタンが使えるブックマークレットを公開した ブックマークレットの入手は下記のページの”Share on Twitter”ボタンを今利用しているブックマークツールバーにドラッグするだけで使えるようになる。メジャーなブラウザーはほぼカバーされている Twitter Bookmarklet シェアボタンをクリックするとポップアップ画面が立ち上がりコメントを入力できるようになる。タイトルとURLがデフォルトで入力されているが、URLはTwitter自前の短縮ドメイン”t.co”で短縮されている 既にこの手のツールはサードパーティによって開発されているので、どちらを使うかは検討されたし ソース:Mashable Twitter’s Tweet Button Comes to the Browser Twitter’s Tweet Button Comes to the Browser

マルチサインインと情報のシェア活動における利用状況 – 統計

ソーシャルWebプラットフォームのユザーマネージメントシステムを提供する”janrain“がサインインとシェア行動についてレポートをリリースしている 25万のサイトに”サードパーティ-サインイン”のオプションを提供しているjanrainのそのレポートによると、最も使われているアカウントはGoogleアカウントでシェアは38%だった 続いてFacebookアカウントが24%、Yahoo!アカウントは14%、Twitterアカウントは5%と健闘している ただ、カテゴリ別に見てみるとFacebookの活躍が目立つ 雑誌出版社のWebサイトではFacebookアカウントが57%と独占 音楽系のWebサイトではFacebookアカウントが55%と飛び抜けている この他、ニュースサイトはYahoo!が34%とトップとなっている 情報の共有/シェア活動についてはFacebookが53%とトップで、Twitterが37%と迫っている ソース:Mashable How People Are Signing In Across the Web [STATS]

GAP FoursquareのCheck-inで25%ディスカウントキャンペーン

アパレルメーカーのGAPは1日限定でソーシャルメディアと連動したディスカウントキャンペーンを実施した(キャンペーンは2010年8/14に開催された) このキャンペーンは同社の“The BlackMagic Event”というイベントの一貫に行われ、Facebook、Twitter、Foursquareがメディアとして利用された Facebookユーザーはクーポンをプリントアウトをしなければならず、Twitterユーザーはディスカウントコードを事前に取得する必要があり少々手間がかかってしまうが、Foursquareはその場でCheck-inをするだけ、それぞれのユーザーにすべての商品を対象に25%のディスカウントが提供された まだまだロケーションサービスのユーザーは少ないが、Check-inを使いこの手のプロセスを簡単にするという目的にはAnn Taylorの事例やドミノピザの事例をみると優位性があるように思う ソース:Mashable Gap Offers 25% Discount for Foursquare Checkins