Social Media Surf Rotating Header Image

Posts Tagged ‘research’

“GeoSocial Universe”からソーシャルプラットフォームを眺めてみる

米国のクリエイティブインタラクティブエージェンシー”JESS3″によって作成されたインフォグラフィックは、全世界のモバイルユーザー46億人を“GeoSocial Universe”とし、各ソーシャルプラットフォームの全体の規模とモバイル比率を図示化している 詳細な数字は示されていないが、この図により主要なプラットーフォームのモバイルにおけるステイタスは把握できるのではないだろうか(見る人の視点により意味合いが違ってくる図なので参考までととらえた方がよいかもしれない) Facebookでも、全世界のモバイル人口と比べると約1/10でまだその勢いは衰えることがないかもしれない ロケーションベースサービスは100%GeoSocial Universeに属していますが、規模はまだまだ小さいのが見て取れますね ソース:Mashable The State of the GeoSocial Universe [INFOGRAPHIC] “GeoSocial Universe.”

マルチサインインと情報のシェア活動における利用状況 – 統計

ソーシャルWebプラットフォームのユザーマネージメントシステムを提供する”janrain“がサインインとシェア行動についてレポートをリリースしている 25万のサイトに”サードパーティ-サインイン”のオプションを提供しているjanrainのそのレポートによると、最も使われているアカウントはGoogleアカウントでシェアは38%だった 続いてFacebookアカウントが24%、Yahoo!アカウントは14%、Twitterアカウントは5%と健闘している ただ、カテゴリ別に見てみるとFacebookの活躍が目立つ 雑誌出版社のWebサイトではFacebookアカウントが57%と独占 音楽系のWebサイトではFacebookアカウントが55%と飛び抜けている この他、ニュースサイトはYahoo!が34%とトップとなっている 情報の共有/シェア活動についてはFacebookが53%とトップで、Twitterが37%と迫っている ソース:Mashable How People Are Signing In Across the Web [STATS]

統計 ソーシャルメディアの利用状況

ニールセンによる2010年6月のオンライン利用時間に関する調査の報告が公開されている この調査によると、ソーシャルネットワーク、オンラインゲーム、ビデオ・ムービーの利用時間が伸びており、中でもソーシャルネットワークの利用時間は全体に対しほぼ独占していると言ってよいかもしれない E-mailは昨年比でも大きくその利用時間を縮小されている ソース:Mashable Social Networking Dominates Our Time Spent Online [STATS] また、comScoreからはソーシャルメディアの利用状況が発表されていて、男女の利用状況が比較されている 調査によると、ソーシャルネットワーキングサイトでリーチできる女性は72.7%、これに対し男性は67.2% 利用時間においては女性は5.5時間/月に対し男性は4時間が平均となっており、女性の方がソーシャルネットワーキングサイトの利用が活発であることが分かる 地域別に見ると北米が最も高く、ヨーロッパ、ラテンアメリカとつづき、アジアパシフィックが極端に低い数字が記されている このほか、年代別のリーチで見ると男女差が見られるが、15-24歳層が一番高く、つづいて45-54歳層、25-34歳層、55歳以上層、35-44歳層と続いている ソース:Social Time Women Spend 30% More Time on Social Web Than Men

iPhone vs Android ユーザー調査

米国のアドネットワーク”Chitika”の参加80,000サイトのインプレッションベースの調査によるiPhoneとAndroidのユーザー実態調査が公表されている iOSのトラフィックシェアは55%、Androidは約18% Androidはスタートしてまだ2年ということを考えると急速に成長していると言える iOS利用者のうち、50.1%がiOS3.x、49.9%がiOS4.x となっている iOS4.xは1ヶ月前にリリースされたばかりと考えると移行はスムーズと言えるかもしれない Android利用者のOSバージョンは、Android2.1がトップで約65%、Android1.6が約15%、Android1.5が約15%、Android2.2が約5%と続いている ソース:Mashable Android Versus iPhone: The OSes By the Numbers [STATS]

ソーシャルメディアの効果指標

広告の近未来を伝えるブログ Ad Innovator の翻訳記事によると、クリックやクーポンの利用率といった直接的な指標だけでソーシャルメディアマーケティングの効果を測定するだけでは足りないと伝えている 引用されたForester Researchの資料によると、ソーシャルメディアのメリットとして ・PRコスト ・メディアコスト ・カスタマーサービスコスト ・役員のリソース ・短期のセールスロスの回避 ・商品テスティングコスト などの項目が上げられている ソース:Ad Innovator ソーシャルメディアROIは収益だけではない

企業のソーシャルメディア利用が通常化

iStrategyの調査によると、Fortuneグローバル企業トップ100のうち79%の企業が、Twitter、Facebook、YouTube、ブログのいずれかを利用している また、4つ全てのプラットフォームを利用している企業は20%にも上った 最も使われているプラットフォームはtwitterで65%、続いてfacebook54%、YouTube50%、ブログ33%となっている 米国が最もソーシャルメディアの利用が活発で、次いでヨーロッパ、アジア、ラテンアメリカとなっている ソース:Ad Innovator Fortune 100グローバル企業のソーシャルメディア利用チャート