Social Media Surf Rotating Header Image

Posts Tagged ‘Viral’

成功者に学ぶソーシャルメディアキャンペーン

企業がオンラインでの様々なキャンペーンに取り組む中、ソーシャルメディアをうまく利用することでネットの持つポテンシャルを引き出し始めているように思う ここではいくつかのキャンペーンを例にあげ、ソーシャルメディアキャンペーンの効果を改めて考えてみる ■Gap GapのGrouponを利用したキャンペーンは多くの記事で紹介されもう概要の説明はいらないかもしれない。共同購入成立で$50分のクーポンを$25で買えるというものだが、441,000のクーポン、$11 millが販売され大きな反響をよんだ GapはまたFoursquareのチェックインディスカウントキャンペーンも行なっている この2つのキャンペーンで直接的な売上や口コミがソーシャルメディアキャンペーンに広がったことは大きな収穫であるが、もうひとつ大きな効果があったとシニアディレクターは述べている それはGapで商品を買った人の70%が彼らのWebサイトをブラウジングし始めたこと。ブランドのサイトに集まることで消費者はGapへのブランド理解が高まり、ロイヤリティが高まっているようだ 直接的な効果にプラスし、サイト誘導とロイヤリティ向上のきっかけもポテンシャルとして検討できるという例かもしれない ■Starbucks Starbucksはソーシャルメディアでのキャンペーンには積極的なブランドのひとつ FoursquareでのメイヤーシップやTax Dayのpromoted tweetキャンペーン、FacebookとTwitterでのフリーペーストリーデイなどさまざまなキャンペーンを展開している Starbucksに習いたいのはその早さかもしれない。Foursquareやpromoted tweet、フリーコーヒーのキャンペーンいずれにおいても、まだだれも行なっていない手法やメディアをあえて利用している その早いということが、ソーシャルメディア系の媒体やひいては技術系、一般のさまざまな媒体でニュース性を発揮し話題としての初速に勢いをつけている ソーシャルメディアのキャンペーンでは早さと目新しさも必要な条件になってくるかもしれない ■Mountain Dew Mountain Dewは新しいフレーバーの開発にソーシャルメディアを活用している 家庭用のお試しパック”Mountain Dew Box”を作成し、消費者へ提供をおこない、Twitterをつかいバイラルビデオキャンペーンを実施している。最終的には”DEWmocracy“というキャンペーンサイトで投票を受付けフレイバーを決定している このキャンペーンにより消費者による草の根的な多くの露出をソーシャルメディアを通して得ることができ、ブランドの成長をとげることができた 背景には洗練されたトライアルボックスの製作やディスカッションのガイド役として広告代理店のアシストが働いている。この様な工夫やシナリオの作り方でバイラルのクオリティやクオンティティも変わってくるところは注意すべき点であろう ソース:Mashable 5 Winning Social Media Campaigns to Learn From

2010年最もバイラルされたブランド[インフォグラフ]

米国の”Viral Ad Network”が作成した2010年これまでのバイラル度を総括したインフォグラフ 最も口コミされたブランドをビデオ、Facebook、Twitterごとの分析しランキングを公開している ソース:Viral Ad Network BLOG Most viral brands of 2010

UNIQLO UK Twitterを使ったバイラルディスカウントキャンペーン

“UNIQLO UK”はTwitterを使った今までにないユニークな方法のキャンペーンでソーシャルメディアでのプレゼンスを拡大させている UNIQLO LUCKY COUNTER http://www.uniqlo.com/uk/luckycounter/ この”Lucky Counter”キャンペーンは今週に控えたUNIQLO UKのeコマースサイトのリニューアルに先駆けて実施されているが、イギリス国内のTwitterトレンドトピックスにブランド名が登場するほど人気をはくしている キャンペーンでは10のアイテムが登場していて、自分が欲しいアイテムを選択、そのアイテムに関するTweetをするとそのアイテムがどんどんプライスダウンをしていく仕組み(下限は設定されている)。9/9のeコマースリニューアルオープン時には最終的にそのプライスダウンされた値段でアイテムが買えるというキャンペーンになっている Tweetには個人のコメントに加え、事前に用意された”アイテム情報”やハッシュタグ”#luckycounter”が付与され、Twitter上での宣伝やバイラルの連鎖にも一工夫がされている このキャンペーンは電通のwebディレクターHiroki Nakamuraと共同で企画され、イギリスが最初の実施地域になっているが、今後アメリカやフランス、アジア各国でもこのキャンペーンは実施される予定 このプロモーションはPromoted Tweetなどは使われておらず、FacebookやTwitter上の参加者のポストからのみの誘導でまかなわれている。Tweetの広がりはキャンペーンのユニークさについてフォロワーに次々と伝えるかたちで徐々に大きくなっている UNIQLO UKのマーケティング責任者によると、このキャンペーンの目的はリニューアルのため一時的にクローズしているeコマースサイトの代わりに消費者とのリレーションを維持するため。その反響の大きさやTweetの内容、消費者とのエンゲージメントに関しても満足していると話している コマースサイトのオープン後には”Lucky Machine”というキャンペーンが予定されていて、勝者には賞金やディスカウントコードなどが提供される予定 ソース:AdvertisingAge Uniqlo’s U.K. Twitter Campaign Looks to Be a Perfect Fit for Retailer

Tipp-Ex YouTubeインタラクティブビデオキャンペーン

米国の修正テープ”Tipp-Ex”のYouTubeインタラクティブビデオキャンペーンが始まっている キャンペーンサイト http://www.youtube.com/tippexperience インタラクティブビデオキャンペーンは”A hunter shoots a bear”と名付けられ、ハンターが熊と遭遇、熊を撃ちたくないといって”shoots”の部分を修正テープで消してしまう 視聴者は消された部分に動詞を入力しPlayボタンを押すとその動詞に対応したビデオがスタートする仕組みになっている。結構な数のビデオが用意されているようで多くの単語に反応してくれた YouTubeでのこの様な枠をはみ出すテイクオーバー型のビデオキャンペーンはサムスンやキャドバリーなどクライアントが増えて、視聴数など効果の実績も出てきているようだ ソース:Social Times Tipp-Ex Lets You Make A Hunter Hump A Bear In Interactive YouTube Campaign

低迷する”エミー賞”をソーシャルメディアは救えるか?

60年以上の歴史を持ち、米国テレビ界に貢献した番組に送られる”エミー賞”がソーシャルに解放されることになった 主催するNBCはTwitterやyfrog、Ustreamといったソーシャルメディアを使い、ファンや視聴者との交流を通してよりリアルタイムな体験の提供を試みている 賞の権威よりも授賞式の視聴率の低下や視聴経路の多様化に対応したかたちになる Twitterには授賞式のホストであるジミーファロンの特設サイトが設置され、ファンは#imontheemmysというハッシュタグを付けtweetすることができるようになるが、プレゼンテーターはライブの間にこれらのtweetにコメントをするかもしれない。またレッドカーペットでのスターへの質問もこのTwitter特設サイトで受け付けている Ustreamではレッドカーペットの模様をライブで配信するとともに、バックステージの様子も中継するようだ。これは非常に会話が弾みそうな取り組みであるとともに、ファンや視聴者をより引き込める可能性がある yfrogにもエミー賞のページが設けられ、リアルタイムの参加している気分が味わえるような工夫がされる。当日参加するセレブやノミネートされたスターによるレッドカーペーッとの様子を写真やビデオによってTwitterを通じ紹介される NBCにとってこのような取り組みは実際の視聴率にどう影響するかは断定できないが、これからの運営の大きな経験になることは間違いないように思う。視聴者にとっては非常に楽しみな取り組みではないだろうか ソース:Mashable The Emmy Awards Get Social

Lionsgate ホラー映画のプロモーションにチャットルーレットを活用

米国の映画会社”Lionsgate”は来週公開になるホラー映画”The Last Exorcism”のプロモーションにチャットルーレットを活用している チャットルーレットはホストサーバーを介し、接続しているユーザーがランダムで選択されビデオチャットができるサービス チャットルーレット内では悪魔に取り付かれた女性の特撮ホラービデオが使われユーザーを驚かせているが、どこまでバイラルが広がるかは興味深いところだ ソース:AdFreak Lionsgate causes wet pants on Chatroulette 特撮の

Honda 新車プロモーションでバイラルビデオキャンペーン

オーストラリアHondaは新車”Jazz”のバイラルビデオキャンペーンを開始している このビデオキャンペーンは“How much ____ can you pack in a Jazz?”のタイトルがつけられており、ヒップスターやラッパー、ボディービルダー、忍者らが自分たちのもつ道具一式も含めてJazzにどのぐらい乗り込めるか、詰め込めるかを表現している ビデオの最後には”あなたなら何を積み込む?”と質問を投げかけ投稿キャンペーンへの参加を促している このビデオキャンペーン、YouTubeでは一時存在感をしめしたが、まだまだ他のビデオキャンペーンのスケールには追いついていない。ただキャスティングのユニークさが今後の広いリーチの可能性を高めているかもしれないと述べている ラップバージョンが最も人気で20万viewを達成している ソース:Social Times New Honda Video Campaign Asks “How Much Viral Can You Pack In A Honda Jazz?”

Wieden+Kennedy Old Spice Guyキャンペーンのケーススタディビデオ

広告代理店の”Wieden + Kennedy”は全米で話題となった”Old Spice Guy”キャンペーンのケーススタディを統計数字とともにビデオで公開している このビデオによると ・最初のYouTubeに上げられたビデオは24時間で590万viewを獲得 ・2日目に8本のビデオをYouTubeにアップ ・3日目には2000万viewを達成 ・1週間後には4000万viewに到達 ・その結果、Twitterのフォロワーは2700%増、Facebookファンのアクティビティは800%増、OldSpice.comのビジターは300%アップ ・YouTubeで最も視聴されたNo.1ブランドチャンネルに ・このキャンペーンでOld Spiceブランドが生み出したインプレッションの合計は14億インプレッションに ・Old Spice Body Washの売上も、月を追うごとに増加し最終的には107%増を記録。同カテゴリのNo.1ブランドに ここまでの記録的な数字をみると世界で最も成功したネットキャンペーンと言えるだろう このキャンペーンはまず女性をターゲットにしたのが注目すべき点の1つかもしれない。女性からボディウォッシュの話題を男性に持ちかけるようバイラルビデオを制作し、カップルで見るTVショーを媒体に選択することで最初のバイラルの火種を作ったことがこのオンラインキャンペーンの大成功に繋がっている 事実カップルの間でかわされるボディウォッシュの話題の75%を獲得していることからも、W+Kのキャンペーン設計の巧みさも後押ししている成功事例と言える ソース:Ad Freak Old Spice’s agency flexes its bulging stats Social Times Old Spice Response Campaign Was More Popular Than Obama

Old Spice バイラルビデオキャンペーンで売上が倍増

男性用化粧品メーカー”Old Spice”がOld Spice Guyキャンペーンのおかげで売り上げを2倍にのばしている YouTubeチャンネルでのバイラルビデオキャンペーンやTwitterでの面白レスポンスキャンペーンが功を奏している形だ Old Spice Guy のバイラルビデオは数千万の視聴回数を達成し、オバマ大統領の勝利演説やスーザンボイルのビデオよりも早いペースで視聴回数が延びていて、現在ではビデオ視聴したひとは1千万人に届いている キャンペーンはシンプルなTV CMから始まり、YouTubeのバイラルビデオ、Twitterのフォローと順に展開していき、Twitterのフォロワーは95,000を超えている 売り上げ増107%を達成したのは先月6月のことで、現在は55%増まで下がってきていると伝えられている Old Spice Guy のバイラルビデオキャンペーンとの時期が合致していることから、シンプルにキャンペーンの効果と結びつけらる ソース:Mashable Old Spice Sales Double With YouTube Campaign

Levi’sはどのようにアメリカのバイラルビデオにスポンサーしたか

今ネットで話題になっているバイラルビデオ”Guy Walks Across America”でリーバイスはどのようなスポンサーをしたのか このある男が歩いてアメリカを横断するビデオがいま全米で話題になっているが、特にスポンサーロールらしきものは入っていない。ただし、所々でLivi’sのバックポケットがアップで写されることからLivi’sのプロモーションではないかとの噂があがっている AdFreakの記者が制作会社にその疑問を投げかけたところ、それはどっちとも言えないというなんともぼやけた返事だったようだ 企画自体をLivi’sに持ち込んだのだがスポンサードの具体的な金額は伝えなかった。ただアメリカの開拓者精神を表現するすばらしい企画に賛同しLivi’sはガソリンと食べ物と必要な機材などの物資と、もちろんクルー全員のための”501″を提供したようだ これが商業用の作品かは議論が分かれそうなところだが、AdFreakの記者はすばらしいアートワークではないかと結論づけている ソース:AdFreak How Levi’s sponsored ‘America’ viral video