Social Media Surf Rotating Header Image

Posts Tagged ‘video’

成功者に学ぶソーシャルメディアキャンペーン

企業がオンラインでの様々なキャンペーンに取り組む中、ソーシャルメディアをうまく利用することでネットの持つポテンシャルを引き出し始めているように思う ここではいくつかのキャンペーンを例にあげ、ソーシャルメディアキャンペーンの効果を改めて考えてみる ■Gap GapのGrouponを利用したキャンペーンは多くの記事で紹介されもう概要の説明はいらないかもしれない。共同購入成立で$50分のクーポンを$25で買えるというものだが、441,000のクーポン、$11 millが販売され大きな反響をよんだ GapはまたFoursquareのチェックインディスカウントキャンペーンも行なっている この2つのキャンペーンで直接的な売上や口コミがソーシャルメディアキャンペーンに広がったことは大きな収穫であるが、もうひとつ大きな効果があったとシニアディレクターは述べている それはGapで商品を買った人の70%が彼らのWebサイトをブラウジングし始めたこと。ブランドのサイトに集まることで消費者はGapへのブランド理解が高まり、ロイヤリティが高まっているようだ 直接的な効果にプラスし、サイト誘導とロイヤリティ向上のきっかけもポテンシャルとして検討できるという例かもしれない ■Starbucks Starbucksはソーシャルメディアでのキャンペーンには積極的なブランドのひとつ FoursquareでのメイヤーシップやTax Dayのpromoted tweetキャンペーン、FacebookとTwitterでのフリーペーストリーデイなどさまざまなキャンペーンを展開している Starbucksに習いたいのはその早さかもしれない。Foursquareやpromoted tweet、フリーコーヒーのキャンペーンいずれにおいても、まだだれも行なっていない手法やメディアをあえて利用している その早いということが、ソーシャルメディア系の媒体やひいては技術系、一般のさまざまな媒体でニュース性を発揮し話題としての初速に勢いをつけている ソーシャルメディアのキャンペーンでは早さと目新しさも必要な条件になってくるかもしれない ■Mountain Dew Mountain Dewは新しいフレーバーの開発にソーシャルメディアを活用している 家庭用のお試しパック”Mountain Dew Box”を作成し、消費者へ提供をおこない、Twitterをつかいバイラルビデオキャンペーンを実施している。最終的には”DEWmocracy“というキャンペーンサイトで投票を受付けフレイバーを決定している このキャンペーンにより消費者による草の根的な多くの露出をソーシャルメディアを通して得ることができ、ブランドの成長をとげることができた 背景には洗練されたトライアルボックスの製作やディスカッションのガイド役として広告代理店のアシストが働いている。この様な工夫やシナリオの作り方でバイラルのクオリティやクオンティティも変わってくるところは注意すべき点であろう ソース:Mashable 5 Winning Social Media Campaigns to Learn From

Honda 新車プロモーションでバイラルビデオキャンペーン

オーストラリアHondaは新車”Jazz”のバイラルビデオキャンペーンを開始している このビデオキャンペーンは“How much ____ can you pack in a Jazz?”のタイトルがつけられており、ヒップスターやラッパー、ボディービルダー、忍者らが自分たちのもつ道具一式も含めてJazzにどのぐらい乗り込めるか、詰め込めるかを表現している ビデオの最後には”あなたなら何を積み込む?”と質問を投げかけ投稿キャンペーンへの参加を促している このビデオキャンペーン、YouTubeでは一時存在感をしめしたが、まだまだ他のビデオキャンペーンのスケールには追いついていない。ただキャスティングのユニークさが今後の広いリーチの可能性を高めているかもしれないと述べている ラップバージョンが最も人気で20万viewを達成している ソース:Social Times New Honda Video Campaign Asks “How Much Viral Can You Pack In A Honda Jazz?”

Wieden+Kennedy Old Spice Guyキャンペーンのケーススタディビデオ

広告代理店の”Wieden + Kennedy”は全米で話題となった”Old Spice Guy”キャンペーンのケーススタディを統計数字とともにビデオで公開している このビデオによると ・最初のYouTubeに上げられたビデオは24時間で590万viewを獲得 ・2日目に8本のビデオをYouTubeにアップ ・3日目には2000万viewを達成 ・1週間後には4000万viewに到達 ・その結果、Twitterのフォロワーは2700%増、Facebookファンのアクティビティは800%増、OldSpice.comのビジターは300%アップ ・YouTubeで最も視聴されたNo.1ブランドチャンネルに ・このキャンペーンでOld Spiceブランドが生み出したインプレッションの合計は14億インプレッションに ・Old Spice Body Washの売上も、月を追うごとに増加し最終的には107%増を記録。同カテゴリのNo.1ブランドに ここまでの記録的な数字をみると世界で最も成功したネットキャンペーンと言えるだろう このキャンペーンはまず女性をターゲットにしたのが注目すべき点の1つかもしれない。女性からボディウォッシュの話題を男性に持ちかけるようバイラルビデオを制作し、カップルで見るTVショーを媒体に選択することで最初のバイラルの火種を作ったことがこのオンラインキャンペーンの大成功に繋がっている 事実カップルの間でかわされるボディウォッシュの話題の75%を獲得していることからも、W+Kのキャンペーン設計の巧みさも後押ししている成功事例と言える ソース:Ad Freak Old Spice’s agency flexes its bulging stats Social Times Old Spice Response Campaign Was More Popular Than Obama

Universal Pictures ゲーム感覚のインタラクティブトレイラー公開

Universal Picturesは8/13から公開になる映画”Scott Pilgrim vs. the World”のインタラクティブトレイラーを公開している 公開されたインタラクティブトレイラーはなかなかユニークなものになっている このトレーラーはゲームチックに制作されていて、ムービー中にいくつも散りばめられている映画に関するサブストーリーをゲームのようにクリックしていく これをクリックしていくとそのサブストーリーが表示され閲覧できるようになるとともに、右上に設置されたスコアボードのスコアが上がっていく。そのスコアの高さにより、ロックされていた他のトレイラーが見れるようになる。まるでゲームをしている感覚だ この遊んでいる感覚を利用し更なる映画の情報を提供し、トレイラーへの接触時間を長くする取り組みとなっている 映画のテイストともマッチしていてよいクリエイティブワークの一例ではないだろうか ソース:Mashable “Scott Pilgrim vs. the World” + Interactive Trailer = Achievement Unlocked! [AUTOPLAY]