Social Media Surf Rotating Header Image

Posts Tagged ‘tool’

SCVNGR ビジネス向けFacebook Place Pageを加速させるアプリ

ロケーションベースサービスの”SCVNGR”はビジネス向けに”チャレンジ”と”リウォード”を導入できるFacebookアプリをリリースしている このアプリケーションは”チャレンジ”と”リウォード”といったカテゴリでは、Facebook Placesと連動しサードパーティだけで制作された最初のアプリケーションとなる。インストールは至極簡単でワンクリックで導入、Facebookユーザーへすぐに機能を提供することができる SCVNGRアプリページ アドオンとして提供されるこのアプリケーションは、Place Pageの左のメニュー部分に表示される。ビジターはこのアイコンをクリックすることでアプリのページに移行し、リウォードとチャレンジに挑戦できる SCVNGRがもつチェックイン、チャレンジ、リウォード、写真といったアクティビティがSCVNGRへはもとよりFacebook Placesにも反映されることになる。その拡散力は非常に大きなものとなり、コメントやLikeを獲得する機会が増大しビジネスへの影響、ソーシャルメディアでのプレゼンスも拡大されると予想される Facebookファンページはすでに多くの企業において自社サイトよりもビジターが多い重要な場所になっていて、Place Pageもまたそうなる可能性が高いと言われている。地域ごとのlocal Businessを考えると不可欠なツールとなるだろう このSCVNGRのアプリケーションはそんな流れを加速させるアプリケーションになるかもしれない ■SCVNGR関連の記事 ・ポイントが倍!? Check-inの新しい形”Social Check-in” ・SCVNGR ロケーションサービスに報酬プログラムを導入 ソース:Mashable SCVNGR Releases Facebook Places Application for Businesses

Context Optional Facebookファンページにチェックイン機能を提供するアプリ

“Context Optional”はFacebookのファンページにFacebook Placesを利用したCheck-in機能を持たせることができるアプリケーション Context Optional Facebookページ カスタマイズが可能なチェックインパネルは、ファンとブランドがチェックインという形でつながることを可能にしてくれる。Leaderboardを設置すれば、頻繁にチェックインしてくれる熱心なユーザーを表示することもできる。Leaderboardにスペシャルオファーやディスカウントなどを提供することで、Foursquareなどロケーションサービスが実現させている成功例のような効果が期待できるかもしれない チェックインはモバイルプラットフォームとブランドのFacebookページから可能で、Leaderboardはファンのみがアクセスすることができる このチェックインとLeaderboardは、Context Optionalが提供するSocial Marketing Suiteの一部。Social Marketing SuiteはFacebookでのマーケティングツールを統合的に提供するSaaSソリューションとなっている Context Optional http://www.contextoptional.com/products/ ソース:Social Times More than a Mayor: Context Optional Facebook Fan Ranking App Leaderboard

Sprout Social 複数のソーシャルメディアを管理するツール

“Sprout Social”は複数のソーシャルメディアを同時にモニターし、効率的に消費者とエンゲージメントできるソーシャルメディア管理ツール Sprout Social http://sproutsocial.com/ Sprout Socialは小規模のジネスや代理店、ブランド向けにデザインされていて、ひとつのダッシュボードでFacebookやTwitterなど複数のリレーションが管理できるようになっている ソーシャルメディア上でのプレゼンスを上げることはビジネス上での大きな課題となっているが、どうマネージメントしていくかもひとつの課題といえる この様な管理ツールは”Involver“や”Vitrue“など大企業向けのハイレベルのアプローチを実現するものから、”HootSuite“のような個人レベルからアプローチしているものまで多くの企業が提供を始めている Sprout Socialは月額$9.99/$49.99という価格的な面や、機能的な面からもバランスのよい管理ツールではないだろうか 月額$9.99のプランでは、Facebook、Twitter、Linkedinをモニターし、ポストすることができ、月額$49.99のプランでは、3メディアに加えてFoursquareとYelpがモニター・ポストすることができ、ジオ・ターゲティングの管理も可能になってくる 30日間のトライアルが提供されているので、試してみてはいかがだろうか Sprout Social v1 from Justyn Howard on Vimeo. ソース:Mashable Better Manage Your Small Business’s Social Media Presence [APPS] Sprout SocialSprout Social

Twitter Webベースのブックマークレットを提供開始

Twitterはブラウザーベースでtweetボタンが使えるブックマークレットを公開した ブックマークレットの入手は下記のページの”Share on Twitter”ボタンを今利用しているブックマークツールバーにドラッグするだけで使えるようになる。メジャーなブラウザーはほぼカバーされている Twitter Bookmarklet シェアボタンをクリックするとポップアップ画面が立ち上がりコメントを入力できるようになる。タイトルとURLがデフォルトで入力されているが、URLはTwitter自前の短縮ドメイン”t.co”で短縮されている 既にこの手のツールはサードパーティによって開発されているので、どちらを使うかは検討されたし ソース:Mashable Twitter’s Tweet Button Comes to the Browser Twitter’s Tweet Button Comes to the Browser

Payvment Facebookに本格的なショップを開店できるアプリ

“Pavyment”のFacebookアプリはファンページに本格的なショップを開店できるアプリケーション 今回このスタートアップ企業がリリースした新しいエクスポートツールにより、在庫を入力するとFacebookのページで販売することが可能となった。在庫をインポートするツールは同社のAPIによって実現され小売店には非常に親切なツールとなっている。あわせて在庫や収支の管理、プロモーションもできる Payvmentは個人や中規模のお店を営む人が商品をFacebookで販売する機会を得るには非常にすばらしいアプリケーションになっている。購入までの流れは商品を購入する側もよくなじんでいる方法で、アイテムを見る、カートに入れる、支払方法を入力(PayPalか主要クレジットカード)そしてチェックアウトの手順になっている また、Facebook上のショップならではの機能は、ファンページを”いいね!/Like!”と言ってくれている人にはカート時点で特別なディスカウントを提供できるところだ。これにより自社ブランドのファンとリレーションができるとともに購入までの密接なコンタクトポイントが持てるところはマーケティングにおいて不可欠なアプリケーションではないだろうか 費用はベータテスト中のため無料で利用できるが、トラフィックが大きいショップに関しては追加のフィーが必要になってくる Pavymentのサイト ソース:Mashable Facebook Application Lets Retailers Import and Sell Etsy Goods

Weeplaces FoursquareのCheck-in記録をビジュアル化してくれるアプリ

昨年の後半に”Foursquare”がAPIを公開してから、実に多くのアプリケーションがその地域データーを活用しているが、Weeplacesは全く別レベルでFoursquareのデータを活用している このアプリはWeeplacesにFoursquareのIDでログインすると、自分のすべてのチェックインを地域データとともにグレースケールのマップにプロットしてくれるビジュアル化アプリ このアプリのもう1つの特徴はタイムライン機能で、一番最初にCheck-inした場所から最も最近にCheck-inした場所までのポイントのプロットが終わると、Check-inした順番にポイント間を黄色のラインが走っていく 自分自身のマップを作ってみると、自分の行動パターンや習慣がみえてきてなかなかおもしろいと思う Weeplaces http://weeplaces.com/foursquare/ ソース:Mashable HOW TO: Visualize All Your Foursquare Check-ins

Raven Facebook InsightsとGoogle Analyticsを統合するキャンペーン管理ツール

“Raven”はFacebookのファンページ管理ツール”Insights”とサイト分析ツール”Google Analytics”を統合し、ソーシャルメディアキャンペーンを管理分析するツール このRavenは複数のFacebookファンページを管理し分析ができ、効果的なファンとのエンゲージメントの支援をはたす。またGoogle Analyticsとのデータ統合することによりFacebook Insightsの分析だけでなく、Facebookファンページから自社のサイトへのトラフィックの流れも把握できるようになる また、Ravenは ・ Facebook Insights と Google Analytics のデータを使いカスタムのレポートを作成 ・効果的にアップデートをスケジュール ・レポートページへのクライアントのアクセスの許可 などの特徴も持っているのでブランドのマーケターだけでなく、複数のソーシャルメディアキャンペーンを管理しなければいけない広告代理店にとっとも使いやすいツールになっている このツールの利用料金は以下の通り ・Pro Account – $99/month 企業のマーケター向け 利用人数1人 ・Agency Account – $299/month 広告代理店向け ・Enterprise Account – $1499/month 広告代理店向け トラフィックが多い案件用 Raven Internet Marketing Tools http://raventools.com/ ソース:Social Times Raven Tool Combines Facebook Insights with Google Analytics Raven Internet Marketing Tools

Geotoko 複数のロケーションサービスキャンペーンを統合するツール

現在、多くの会社からロケーションサービスが提供されているが、ブランドのマーケターや代理店向けにこれらのサービスを複数利用したキャンペーンを統合するツールが”Geotoko”である GeotokoはFoursquareやBrightkite、Loopt、Gowalla、Twitter、Yelpなど主要なロケーションサービスに 対応しているので、どれか1つのサービスに絞ってキャンペーンを実施するのではなく、まとめて管理することが可能だ ツール内ではキャンペーン管理ページをつくり、Check-inの報酬を管理する。分析はリアルタイムで行えて、パフォーマンスやROI、振る舞いや、ロケーション、利用プラットフォームなどが分析の軸になっている ロケーションサービスを使いキャンペーンを考えているマーケターにとっとはシンプルで非常に便利なツールになっている ソース:Mashable Run Multiple Location-Based Marketing Campaigns with One Cool App

Row Feeder で話題のドラマのインパクトを計測する

ソーシャルメディアのモニタリングサービスを提供する”Row Feeder”で全米で話題のドラマ”Jersey Shore”のインパクトを計測した図表を紹介する モニターの対象となっているのはFacebookとTwitterで、時間、参加者の属性や活動、地域をベースに図表化されそのインパクトが把握しやすくなっている 東海岸で番組がスタートした時間に最高の16,000tweetを記録し、一瞬の話題性ではTwitterに歩が有るように思え、地域的にはやはりご当地であるNew YorkとNew Jerseyがtweetの21%を占め震源地となっている 何人かのTwitterセレブも記録されている ソース:Mashable The Social Media Impact of “Jersey Shore” [INFOGRAPHIC] The Social Media Impact of “Jersey Shore” [INFOGRAPHIC]

BlackBerry 位置情報を入手できるAPIを公開

BlackBerryを提供するRIMはデベロパーに対しBlackBerryユーザーの位置情報が入手できるAPIの提供を開始した 位置情報はGPS情報ではなく、GoogleのWi-Fi方式に似てCell Towerの情報が使われている GPS情報が入手しにくくなるビルの中などでの使い勝手を考慮している このサービスの利用方法やGPS情報との補完、スピードなどの詳しい情報は、BlackBerryの開発者ブログで紹介されている(英語) ソース:Mashable New BlackBerry API Can Grab Location Info From Cell Towers in Lieu of GPS