Social Media Surf Rotating Header Image

Posts Tagged ‘SocialGame’

Honda ソーシャルゲームで消費者とのエンゲージメントへ

米国Hondaは最新のハイブリッドスポーツカー”CR−Z”のプロモーションで、Facebookのソーシャルゲーム”Car Town”の中で屋外広告を展開している Car Townはバーチャル貨幣を使い車を購入したり、パーツを付けるなどのカスタマイズをしてロードトリップにでたり、チャレンジをコンプリートさせバーチャル貨幣を稼いだりする”Cie Games”が提供するソーシャルゲーム このCarTownの中のすべての屋外看板に2ヶ月間クリッカブルなHonda CR-Zの広告が掲載される。広告をクリックするとゲーム内のHonda CR-Zブースを訪れることができ、バーチャルCR−Zが購入できたり、プロモーションビデオを見ることができる バーチャルCR−Zはビーチや雪の中を走ることができ同車のスポーティなイメージや燃費効率の特徴を体感できるような車になっている このようにソーシャルゲームに商品の認知度向上や消費者とのエンゲージメントを求める企業は増えてきている。FarmVilleを利用しCascadian FarmやマイクロソフトBingなど大きな成果を得ている企業も増えてきている また、ディズニーのPlaydom買収やGoogleのSlideとJambool買収などこのジャンルへの投資も盛んになってきていることと、eMarketerの予測では、2009年には$2.2billだったバーチャルグッズの購入は2013年には$6billまで成長すると考えられていること、そして企業のソーシャルゲームへの広告出稿も2011年に$293millまで拡大すると見られていることを加味するとこの分野はまだまだ勢い良く拡大しそうな気配だ 今回米国Hondaにとってはソーシャルゲームへの初めての出稿であるが、CR-Zのメインターゲットである25-30歳のターゲットと、広告ではなくカジュアルな環境下でエンゲージメントを持てるというのは非常に良い機会であると考えているようだ CarTownは今なおユーザーが2倍のペースで増え続けていて利用者は350万人を超えている。FarmVilleの6500万人には到底及ばないが、Hondaのエンゲージメントプロモーションがどの様な結果をもたらすかは非常に興味深いところだ 関連記事:Social Media Surf Mazda 新車プロモーションでFacebookのブランデッドソーシャルゲーム ソース:Mashable Honda Takes Social Gaming for a Test Drive Cascadian Farm

Mazda 新車プロモーションでFacebookのブランデッドソーシャルゲーム

自動車メーカーの”Mazda”は北米での新車”Mazda2″のプロモーションの一貫としてFacebookでブランデッドソーシャルゲーム”DriverVille”を展開している DriverVille on Facebook デジタル世代の注目を引きつけるために北米Mazdaはクリエイティブエージェンシーと共同でソーシャルゲームの開発に取り組んでいて、スタイリッシュかつエコフレンドリーで本格的な車というMazda2の市場でのポジションを確立しようとしている ゲームの中ではZoom-Zoomのコピーで表されているような、コンパクトで効率的な車を楽しみながら感じてもらうことにフォーカスしている DriverVilleではドライバーアバターがカスタマイズでき、仲間と協力して勝負に勝つと仮想の貨幣が獲得でき、ゲーム内のグッズを買うことができるなどソーシャルゲームの要素はほぼ取り入れられている。また、いくつかのミニゲームやクエストも用意されているようだ Mazdaの北米マーケティング責任者は”DriverVilleは様々な人のドライバーアバターがふれあえる場所”だと述べて、”ゲーム内での運転を愛する人とのふれあいやMazda2のスタイリッシュでダイナミックな走りをソーシャルメディア共有してほしい”という 一つ気になるのは”ville”はZyngerがよく同社のゲームで使う言葉で、誤解とコピーライト問題が気になるところだ とはいえ、ゲーム内でMazda2の特徴や走りを体験してもらうのはブランドと消費者との関わりを好転させるよい戦略ではないだろうか ソース:Social Time Can Mazda’s DriverVille Facebook Game Improve Sales of the Mazda2?

iPhoneユーザとAndroidユーザがリアルタイム対戦できるモバイルゲーム

iPhoneでは既に人気がある”Skies of Glory”のAndroid版の提供が開始され、双方のユーザーがリアルタイムで対戦できる機能が追加されている オンラインゲームでMacとWindowsで同時にゲームが出来る事はよくあるが、iPhoneとAndroidで同時にプレイできるケースはとても珍しいかもしれない 気になる人はプレイしてみては Skies of Glory: Battle of Britain (iTunes) ソース:Mashable Mobile Game Lets iPhone and Android Users Do Battle http://mashable.com/2010/07/19/iphone-android-skies-of-glory/

Discovery Channel ソーシャルゲームへの取り組み

Discovery Channelはゲームプロダクションの”Hive Media”と提携し、番組のプロモーションに今流行となっているソーシャルゲームを活用する取り組みをしている 同チャンネルの人気番組”Deadliest Catch”のストーリーを利用したソーシャルゲームを提供している このDeadliest Catch関連のゲームはFacebookのソーシャルゲームだけでなく、同社サイトでのWeb版、コンソール版、モバイル版とマルチプラットフォームで展開をしている 多くのプラットフォームを活用し、より多くの人に”番組で展開される世界”を体験してもらい、番組のファンになってもらう事を狙っている “より多くの人に”というポイントでFacebookのソーシャルゲームを使い、勧誘活動を促進する、バズを起こす事がキーになっている ちなみにFacebookファンページのファン数は82万人を越え、一番組としてはかなりのファン数を誇っている ソース:Social Times Discovery Channel Attempts To Ride Social Gaming Waves With Deadliest Catch on Facebook

ViacomとMTVがソーシャルゲーム市場に参入

2つのビックネームがソーシャルゲーム市場に参入を発表している All Things Digital: Viacom Gets Into Social Games: When Do We See JerseyShoreville? Mashable: MTV to Develop Social Games Based on Shows and Characters まだまだソーシャルゲームブームは続きそうだ