Social Media Surf Rotating Header Image

Posts Tagged ‘SCVNGR’

SCVNGR ビジネス向けFacebook Place Pageを加速させるアプリ

ロケーションベースサービスの”SCVNGR”はビジネス向けに”チャレンジ”と”リウォード”を導入できるFacebookアプリをリリースしている このアプリケーションは”チャレンジ”と”リウォード”といったカテゴリでは、Facebook Placesと連動しサードパーティだけで制作された最初のアプリケーションとなる。インストールは至極簡単でワンクリックで導入、Facebookユーザーへすぐに機能を提供することができる SCVNGRアプリページ アドオンとして提供されるこのアプリケーションは、Place Pageの左のメニュー部分に表示される。ビジターはこのアイコンをクリックすることでアプリのページに移行し、リウォードとチャレンジに挑戦できる SCVNGRがもつチェックイン、チャレンジ、リウォード、写真といったアクティビティがSCVNGRへはもとよりFacebook Placesにも反映されることになる。その拡散力は非常に大きなものとなり、コメントやLikeを獲得する機会が増大しビジネスへの影響、ソーシャルメディアでのプレゼンスも拡大されると予想される Facebookファンページはすでに多くの企業において自社サイトよりもビジターが多い重要な場所になっていて、Place Pageもまたそうなる可能性が高いと言われている。地域ごとのlocal Businessを考えると不可欠なツールとなるだろう このSCVNGRのアプリケーションはそんな流れを加速させるアプリケーションになるかもしれない ■SCVNGR関連の記事 ・ポイントが倍!? Check-inの新しい形”Social Check-in” ・SCVNGR ロケーションサービスに報酬プログラムを導入 ソース:Mashable SCVNGR Releases Facebook Places Application for Businesses

レッドスキンズ Foursquareで観客動員を増やせるか?

NFLのシーズンインに合わせワシントンを本拠地にする”Redskins”がFoursquareを利用しチェックインキャンペーンを展開している Redskinsキャンペーンページ 一方、ミネソタVikings と ニューイングランドPatriots はSCVNGRを使ったロケーションベースキャンペーンを展開しており徐々にスポーツ界隈にもソーシャルメディアへの取り組みが広がってきている感がある RedskinsのキャンペーンはホームスタジアムであるFedExFieldやワシントンDCエリアにあるレッドスキンズバーでCheck-inすることで、レッドスキンズのスペシャルバッジやチームに関するトリビアを獲得することができる。その他にはゲームの特別席のチケットや練習中のフィールドへのパス、チーム主催のパーティーへの参加権利などファンにはこたえられない特典なども用意されている ロケーションベースサービスがファンの増加やチケット購入にどの程度貢献するのかは非常に興味深いところだ ソース:Mashable Washington Redskins Tackle Foursquare

SCVNGR ロケーションサービスに報酬プログラムを導入

ロケーションサービスを提供する”SCVNGR”はそのモバイルアプリケーションで画期的な報酬プログラムの提供を開始した 以前からSCVNGRはロケーションサービスにCheck-inだけでなく”Social  Check-in”や”写真撮影”などの様々なアクションをサービスに組み込みポイント化してきたが、今回はいくつかの店舗と共同で無料提供や割引といった報酬プログラムを開始している 最も大きな参加クライアントはシューズストアーチェーンの”Journeys”で全米の店舗で$10の割引を提供している。$10の割引を得るためには、店舗内でお気に入りのスケーターシューズを写真に撮るなど6つのアクション/チャレンジをこなさなければならない ビジネス側はポイントとそれに応じた報酬を決定し、顧客側はどの報酬を狙うかで応じたアクションを起こす この取り組みはビジネス側にも顧客側にも親しみやすいプログラムと言えるかもしれない。顧客はゲームを楽しむかのようにブランドとのエンゲージメントをもちポイントをもらう、ビジネス側は結果的にソーシャルメディアマーケティングにつながり、またロイヤルカスタマーを得る。よく考えられたマッチングになっている ポイントを獲得するためには、Check-in、Social Check-in、写真を投稿などのアクションをする必要がある このプログラムは米国時間の7/29の朝に開始されるが、初期は社数限定で無料で利用できるが、通常は年間$500〜$1,000の費用がかかる。ポイントや報酬の設定などは企業側で管理することとなる 8/15ボストンとフィラデルフィアでプログラムが開始される予定でその後、サンフランシスコ、ロサンゼルス、シカゴ、ニューヨークといった都市に展開される ソース:Mashable SCVNGR Launches Sophisticated Rewards Program

ポイントが倍!? Check-inの新しい形”Social Check-in”

米国のボストン、ニューイングランド周辺でロケーションサービスを展開している”SCVNGR”(scavengerの発音でいいんですかね)があたらしいCheck-inの形を提案している SCVNGR | The Social Check-in from SCVNGR on Vimeo. ビデオで見る様に、複数人でCheck-inが可能な場合は”Social Check-in”を選択、同時にBump(ハイタッチの様な仕草)をする事でSocial Check-inが完了する Social Check-inが完了すると人数×2ポイントが付与される仕組みになっている ソース:Mashable SCVNGR Creates a Radical New Way to Check in with Friends Social Check-in