Social Media Surf Rotating Header Image

Posts Tagged ‘payment’

PayPal 簡単に”カンパ”を集められるサービスを開始

PayPalがサポートする”Fundrazr”はFacebookのソーシャルグラフを通して簡単に”カンパ”を集められるサービス Fundrazr http://fundrazr.com/ Fundrazrに登録すると、寄付/カンパを募るエントリー記事が作成でき、通常Facebookにポストする方式で友人に公開することが可能になる このポストを読んだ友人や家族はPayPalアカウントをつかい金額を選び1クリックで寄付することができる 例えば地元のサッカーチームの応援の費用捻出や近所の施設への贈答品購入金などを(ツール的には)簡単に集めることができるようになる このところのPayPalの取り組みはなかなか気が利いていて、個人間の小額の取引(マイクロトランザクション)を顕在化させサービス化し、ツールをリリースする取り組みが目立つ。これからも面倒なやり取りがスマート化されるサービスに期待したくなる ソース:Social Times PayPal Makes Online Fundraising a Social Experience with FundRazr

Payvment Facebookに本格的なショップを開店できるアプリ

“Pavyment”のFacebookアプリはファンページに本格的なショップを開店できるアプリケーション 今回このスタートアップ企業がリリースした新しいエクスポートツールにより、在庫を入力するとFacebookのページで販売することが可能となった。在庫をインポートするツールは同社のAPIによって実現され小売店には非常に親切なツールとなっている。あわせて在庫や収支の管理、プロモーションもできる Payvmentは個人や中規模のお店を営む人が商品をFacebookで販売する機会を得るには非常にすばらしいアプリケーションになっている。購入までの流れは商品を購入する側もよくなじんでいる方法で、アイテムを見る、カートに入れる、支払方法を入力(PayPalか主要クレジットカード)そしてチェックアウトの手順になっている また、Facebook上のショップならではの機能は、ファンページを”いいね!/Like!”と言ってくれている人にはカート時点で特別なディスカウントを提供できるところだ。これにより自社ブランドのファンとリレーションができるとともに購入までの密接なコンタクトポイントが持てるところはマーケティングにおいて不可欠なアプリケーションではないだろうか 費用はベータテスト中のため無料で利用できるが、トラフィックが大きいショップに関しては追加のフィーが必要になってくる Pavymentのサイト ソース:Mashable Facebook Application Lets Retailers Import and Sell Etsy Goods

PayPal 割り勘をスマートにするモバイルアプリ

決済サービスを提供する”PayPal”はbump(スマートフォンをぶつけ合うような動作)機能を使い小額の支払ができるアンドロイドアプリを公開した これによりレストランやイベントなどにグループで出かけたときなど、会計の割り勘が非常にシンプルに行える。一括で支払をした人が各人への支払額をアプリでリクエストし、皆が端末をbumpするだけで回収が終了する 既にこの機能はiPhoneアプリには採用されていて、これでマルチプラットフォームで決済機能が使えるようになる PayPalのモバイルアカウントは現在急激に増加していて、今年は2009年に比べ倍のペースでユーザーが増加しているようだ。同社もこのモバイルアカウントによる個人間の少額取引の増加は重要な戦略の1つになっていると述べている ソース:Mashable PayPal For Android Gets a “Bump”

Facebook Credit がオフラインで利用可能に

MOLとの提携により、Facebook Credit がアジアやオーストラリアの小売店で使えるようになった ソース:Mashable! Facebook Credits Available Offline at Asian, Australian Retailers

今注目すべきソーシャルメディアの5つのトレンド

Mashable によるソーシャルメディアのトレンドが紹介されている 今直ぐにビジネスに活かされる訳ではなさそうだが、近い未来を予測したり新たなビジネスアイデアを検討するのに役立つかもしれない 1. Location Facebook(開発中)、Twitter、Foursquare、Gowalla、Yelp に加えてGoogle (Google Latitude)もロケーションサービスに参入し、ホットな戦場になっている 2. Group Buying 共同購入自体は昔からよくあるサービスだが、ローカルの小売業が日常の買い物において、この手法を使い始めていることが注目すべき点のようだ Groupon、LivingSocial 3. Mobile Ads AndroidやiOSによるスマートフォンの増加にともない、位置情報をともなったアプリケーションベースのモバイル広告はマーケターにとっても 注目すべき分野だ AdMob 4. Mobile Payments こちらもスマートフォンの利用者増加にともない、増加するであろう小さな取引(microtransaction)をめぐり多くのプレイヤーがペイ メントアプリを開発しているようだ Square(a twitter’s project)、Visa、PayPal、その他多数 5. Having a Social Media Policy 消費者はしかり自社社員も含めてソーシャルメディアの利用が増加した今、企業は自社のソーシャルメディアポリシーは無くてはならないものになってき ている ソーシャルメディアにおいて会社を代表(とみなされる)した言動の基準やトラブル時の判断、責任の所在など定めておくことでスムーズにソーシャルメ ディアでの活動が可能であるようだ ソース:Mashable 5 Social Media Trends to Watch Right Now