Social Media Surf Rotating Header Image

Posts Tagged ‘iPad’

有名各誌のiPadマガジンの販売動向

まだそれがプリントメディアにとってどのように有効なのかという議論は残っているが、多くの出版社は広く普及しつつあるiPadの流れをつかもうと取り組んでいる。まだ初期段階ではあるが、そのiPadマガジンの各雑誌の売上を検証してみる AdAgeがiPadマガジンのここ6ヶ月間の売上に関する詳しい考察を発表している。その結果はエンゲージメントのタイプやジャンルによって違っているようだ。iPadマガジンの売上とニューススタンドの売上を比較している(原文にはnewsstandと表記されているが、日本では書店と考えた方が自然かもしれない) そのAdAgeのデータによると現時点ではConde Nast社の”Wired”がもっとも成功しているiPadマガジンであると伝えている(最新のEsquire app for iPadは含まれていない) Wired on the iPad の創刊号は105,000部を販売している。これは同じ号の印刷版よりもかなり多い数字であった。その後、iPad版のWiredは毎月平均30,000部を売り上げていて、それはニューススタンドでの売上の37%にも相当している。おそらくはiPad版がWiredの全体部数を引き上げていると思われる Wiredのコアとなる読者の多くはiPadオーナーであるという現実がこの新しいデバイスでの成功に貢献しているのは間違いない。同じように”Popular Sience” for iPad のセールスがニューススタンドでの売上の12%に相当する。この事実はテクノロジー/サイエンスジャンルとアーリーアダプターの関連性をおそらく示しているのだろう それに比較して、”Glamour”や”Men’s Health”といったライフスタイルジャンルの雑誌のiPad版はニューススタンドでの売上の1%にも満たない。”People” magzine for iPad は毎週平均で10,800部になるが、PeopleのiPad版は印刷版の購読者に無料で配布される独自のモデルを採用しているがための部数。”Time”誌はiPad版のダウンロードが印刷版の読者の減少につながってしまっている “GQ”や”Vanity Faie”、”Esquire”といった雑誌はテクノロジジャンルほどうまくはいっていないが、より深い記事による専門性でライフスタイル雑誌よりは好調だといえる。GQ for iPad はニューススタンドでの売上の約7%、Vanity Faieは約2%となっている AdAgeの記事によると、登場から6ヶ月、米国でまだ520万台のデバイスではあるが、多くの広告主はデジタルマガジンの可能性を期待していると伝えている。サブスクリプションと合わせ広告モデルもこれから様々な変革がなされデジタルマガジン市場は大きくなっていきそうだ ソース:Mashable How iPad Magazine Sales Stack Up [REPORT]

開発者が見るiOSとAndroid どちらが有望なのか?[IDC調査](後編)

前編からのつづき ■開発者はどんな機能を望み、そして必要としているのか iOSやAndroidなどのプラットフォームの垣根を越えたところでは、開発者はどんな分野に興味があるのだろうか。アプリを開発するときどんな機能やAPI、インテグレーションが不可欠なのかといった点もAppceleratorとIDCの調査では質問をしている 興味深いことに、4/5の開発者がモバイルWebアプリの開発よりモバイルのネイティブアプリの開発を望んでいると調査は伝えている。多くの開発者はWeb開発から移行してきている背景があるのにである ネイティブアプリに続いては、ロケーションベースそしてプッシュ型のアップデートの開発をしたいという結果になっている。これらの2つの機能はモバイル特有の分野となっている。ユーザーの”いつ””どこで”という情報をベースにモバイルアプリは絶えず異なったデータを表示しなければならないという状況の重要性は日増しに強くなっている カメラ機能に関してもトラディショナルではあるが、ユーザーが更なる情報を付加するものとしてFlickrへのアップロードなど開発の必要性が増している。QRコードやバーコードのスキャンがアプリの牽引力を発揮するケースが多いのも需要につながっている理由のひとつ。写真は多くの情報をもたらしてくれるのでアプリが次に何をすべきかの情報として使われる FaceboolとTwitterとの連携のソーシャル機能も重要な機能となっている コマースの分野では、49%の開発者がiOSアプリ購入へのアクセスが必要であると答えている。これは彼らに取ってはアプリのアップグレードや性能向上にとって非常に重要なことのようだ PayPal Paymentは48%の開発者が望んでいる。PayPalは大きな労力をモバイルペイメントのプロセスに注いでいる。今年のはじめにはPayPal iPhone 開発キッドを開発者のためにリリースしているほど。モバイルペイメントはこれから注目すべき分野となる ■これから マクロレベルでは、Androidは可能性やその特徴で開発者を引きつけ続けるだろう。iOSはまだ特に収入面でアプリ開発業界全体をリードしている。 ただ開発者が自身が作るアプリへ取り込みたい機能をみると、どれだけプラットフォームにとらわれないかが重要だ。マイクロソフトやRIM、HPといった会社にも、開発者が望んでいる機能やサービスの簡単な実装方法を提供することで彼らの興味をとらえる可能性は十分にあることをこの調査は示している ソース:Mashable A Detailed Look at Apple and Google’s Fight for Mobile Developer Attention

開発者が見るiOSとAndroid どちらが有望なのか?[IDC調査](前編)

“Appcelerator”と”IDC”はスマートフォンの開発者がどのプラットフォーにフォーカスしているのか、またどんな特徴を重要視し、いつ新しいアプリケーションを開発するのかを調査し、その結果を発表している その調査結果によるとGoogleの Androidプラットフォームが長期的にはポテンシャルを持っているエリアである事を示している。特にスマートフォンやタブレットを超え様々なデバイスの可能性に起因しているようだ 事実、長期的に考えた場合のiOSとAndroidのギャップは6月の調査時点からさらに10ポイント広がっている。最新の調査では長期的に見た場合Androidの方が有利だと答えた開発者は58.6%、一方iOSと答えた開発者は34.9%となっている ■Androidは21世紀の”BusyBox”なのか? 今日までは開発者の”興味”という点ではiPhoneとiPadがAndroidをリードしているが、スマートフォンとタブレット以外のケースを考慮した時、様々なデバイスが接続されている未来を展望した時にAndroidが逆転し、その可能性が際立ち始めている 開発者への質問は、性能、オープン性、長期展望、マルチデバイスでのパワーの4点でiOSとAndroidをどう見るか、結果は以下のとおりである 4つの点でAndroidはiOSに勝っているが、マルチ接続デバイスとオープン性でAndroidがiOSを凌駕している。この2点がAndroidの可能性を物語っている 我々はすでに様々な形や大きさのAndroidデバイスが市場に登場しているのを見ている。Android ebookリーダーやAndroid TV、Androidピクチャーフレームなど、そしてこれから発売されるGoogle TVはAndroidベースのものであるだろう 基本的にAndroidは組み込み型デバイスには最適でカスタマイズが容易なOSである。このケースはGPLライセンスの”BusyBox”のケースと似ている。BusyBoxはとても軽く持ち運びが簡単なLinux Kernelと一緒に使えるツールとユーティリティのセットである。BusyBoxは手軽さを提供していた 多くの面でAndroidは21世紀のBusyBoxになっている。もちろん必要とされる基本のハードウェアの性能は高くなっているが、市場ではチップは安くなり性能は上がっているので、ネットワークやツールのサポートの実現、高いレベルでのアプリケーションのエコシステムを実現させている 理論的には、iOSは同じ目的で利用されるだろう。違いはAndroidはApacheライセンスのもと使われるが、iOSはAppleがライセンスをゆるしたデバイスメーカーだけが使えるというところだ ■iOSはまだベターな機会を提供している 長期的な視点でみるとAndroidがリードしているかもしれないが、調査結果をみるとiOSの方がまだ収入の機会は多い。ビジネスとコンシューマー向けアプリの最大のマーケットである AndroidマーケットはGoogle Checkoutにしばられ、まだすべての国で有料アプリが利用できるわけではない。この制限が開発者の収入の機会を損ねているといえる。加えてアプリを見つけ出すシステムがiOSと比べて弱いというのも原因のひとつだろうか 後編につづく ソース:Mashable A Detailed Look at Apple and Google’s Fight for Mobile Developer Attention

Burberry ライブストリーム、iPadなどデジタルへの取り組み

Burberryは9/21、London Fashion Weekでの2011年春夏コレクションの発表に合わせて様々なデジタルでの取り組みを行なっている まず、London Fashion Weekの会場では女性向けのハイエンドアイテムのラインアップのショーがキャットウォークを使って行なわれたが、この模様はBurberryのサイトでライブストリーム放送がされ、サイトからアイテムが買えるようになっている(この試みは2010年の秋のコレクションから実施されている) また、このライブストリームに合わせフラッグシップとなる25のショップに大型のハイビジョンスクリーンを設置し顧客を招いてロンドンのショーと連動したインストアイベントを実施している このインストアイベントで顧客に手渡されたのが、イベント用にカスタマイズされたアプリがインストールされたiPadだった。このアプリでアイテムをブラウズしたり即購入することもできる 顧客は発表されたアイテムやアクセサリーを試せるわけではないのでBurberryのサイトで見ても変わらないように思えるが、熱心な顧客は店員のアドバイスやアシストを受けるとともに、その場の雰囲気やエネルギー、音楽など特別な感覚を楽しむことができたと思うとクリエイティブ責任者は話している インストアイベントがショー会場とのギャップを巧みに埋めてくれたわけだが、セカンドスクリーンとしてのiPadもアイテムの理解と購買へのスムーズな導線に一役かっていることは間違いないだろう いずれはこのような取り組みが増え当たり前になっていくのだろう ソース:Mashable Burberry Customers to Shop via In-Store iPads Following Today’s Runway Show

Apple AppStore 250,000ダウンロード達成とその利用状況

米国AppleのApp Storeのアプリケーションダウンロード数が、250,000を超えた。オープンから2年と49日での達成となる 50,304のパブリッシャーから提供されているiPhone,、iPad、 iPod touchのアプリケーションのダウンロード数の合計が8/28米国時間の朝、251,007に到達した。iPadアプリは24,334。(カウントには米国以外だけで提供されているアプリは含まれていない) そのダウンロードされたアプリの内訳のパーセンテージは以下の通り Booksがトップで17%、続いてGamesが14%、Entertainmentが11%、Educationが7%となっている また、Royal Pingdomが先週発表した統計によると、iOSのアプリの70%程度は有料アプリということになる ソース:Fortune Apple App Store: 250,000 and counting

Facebook iOS開発ツールにOpen Graph機能を追加

Facebookは同社が提供しているOpen Graph APIへのアクセスを容易にする機能を”iOS Developer Toolkit”に追加している これにより、iPhoneやiPad、iPod touchのアプリケーション開発者は、Likeボタンなどの設置などをとおし簡単にFacebookのソーシャルグラフを利用するアプリケーションが開発できる 新しい開発ツールはFacebook OAuth 2.0によるサポートが追加されている iOS Developer Toolkitはgithubで無償配布されている http://github.com/facebook/facebook-ios-sdk ソース:Mashable Facebook Adds the Open Graph to iOS Developer Toolkit

Pulse ビジュアルを活かした情報共有ソーシャルアプリ

モバイルアプリケーションの”Pulse”のバージョンアップ版がリリースされている 以前のバージョンのPulseは画像などが同時に表示されるビジュアルRSSリーダー的なアプリケーションであったが、今回のバージョンアップで”Posterous”との連携がされていてよりソーシャル機能が追加されている アプリケーション内で簡単なセッティングすると”My Pulse”アカウントをつくることができ、購読しているRSSの記事の中から気に入った記事を”Pulse(TwitterでいうRT)”することができるようになる ユーザーは友人のMy Pulseをリストに追加することで、気になった情報をアプリ上でシェアすることができるようになっている。またPulse以外でもe-mailやFacebook、Twitterなどにも情報がシェア/フィードできるようになっているのでこのアプリを使うことで情報配信の一元管理もできるようになっている このアプリはiPhone、iPad、Androidで利用可能でだが、iPadが一番使いやすいプラットフォームのように思える。iPad用はthe App Storeで$3.99で買うことができる ソース:Mashable Pulse + Posterous = News Sharing Bliss

iAd for Developers これまでに分かってきていること

Appleが提供する広告プラットフォーム”iAd”が新たに展開しているアプリ開発者に向けてのメニュー”iAd for Developers”についてこれまでに分かってきていることをいくつかお伝えする まず、iAd for DevelopersはiOSで提供されるアプリケーションの広告は安価に出稿できるメニューとなっている 余剰の在庫インプレッションを効率よく販売する意図もあるが、Appleが狙うところはアプリの開発者に収入をもたらし更にアプリの開発を促進し、アプリの数が増えることでiAdの在庫も増加していくというWin-Winの関係の構築にある すでにこの様なADエクスチェンジは長いこと存在するが、開発者側はその効果に比較的興味を持っているようだ では、どのぐらいiAd for Developersは費用がかかるのか。Appleは1クリックあたり25セントの費用を発表している。通常のブランド広告には掲載費としてCPM(1000imp)に対し$10、そしてエンゲージ費用として1クリックあたり$2となっておりそれに比べると相当安価になっていると言える 同様のサービスはクリック課金ではなく獲得数単位で費用がかけられるが、課金方式についても見直される可能性はあると思われる 現状の効果についてある開発者によると、獲得単価は$1.25あたりで推移しているようだ。5impsあたりで1件購入につながる計算になる。1つのアプリのライフタイム中に$1.25以上の収入があれば、このメニューは有効ということになる 同様のサービスの1件あたりの獲得費用は$1あたりなので価格についても見直される可能性はあるだろう Appleが用意しているiAd for DevelopersのFAQによると、自社のアプリケーション内のiAdでは、競合のアプリケーションの排除は可能だが、掲載するアプリケーションの指定はできないようだ、あくまでもAppleがターゲティングに基づいて表示アプリを決める 現状のこのiAd for Developersに該当する開発者広告主は2社しか見られず、非常にゆっくりとした動きになっている。これはAppleが意図しているところで、いきなり大きく始めるのではなくこのプログラム/メニューが本当に狙いに対して適切に働くのかを試している段階のようだ ソース:Business Insider Here’s Everything We Know So Far About Apple’s New “iAd For Developers” Program

リッチメディアモバイル広告の可能性

iAdがスタートし、大手クライアントの出稿が伝えられ好調のようだ ただ、iAd プラットフォームや競合のモバイルアドネットワークが実現するムービーやミニゲーム、機能的なミニアプリを使ったリッチメディアモバイル広告はまだまだこれからの様だ 比較的制作コストがかかるリッチメディアモバイル広告の効果をどのように測るかはとても難しい iAdの競合であるGreystripeが開発したBuick LaCrosseのミニゲームプロモーションは平均の4倍の4%のCTRを実現する iAdスタート当初は物珍しさから10%位のCTRを示していたが、最近では徐々にその数字は下がり2〜3%まで下がってきていて、あるデベロッパーによるとiAdで提供される広告の平均CTRは1%程度だという このBuick LaCrosseのミニゲームでは消費者は42秒から2分程度時間を費やし、ミニゲームを遊んだ人の同車の認知度は12%アップし、購買意欲は7%向上させたようだ この数字だけで効果を計測するのはいささか早計で、今後展開される事例から違った効果指標も導かねばならないのではないかと記事では伝えている ソース:AdvertisingAge IAd Forebears Provide Glimpse of Future for New Platform

Tapbots が フリーアプリプロモーションにFacebookを利用

iPhoneアプリを提供するTapbots社が新しくリリースしたiPhone/iPadアプリ”Calcbot”のプロモーションで、アプリの情報を共有してくれたら無料で”Socialite for Mac”を提供するというプロモーションを実施している Facebookでの情報共有=アプリケーション、という図式になる この様なプロモーションがどの様なパフォーマンスを見せるか楽しみなところだ Socialiteとは、メディアインテグレーションアプリでFacebook、Twitter、Digg、Flicker、RSSを一元管理できるアプリ 個人的にはメーカーの意図としてSocialiteの利用者が増えても良し、Calcbotが売れたらもっと良しのWin-Winキャンペーンではないのかと推測している ソース:Mashable Facebook Shares Equal Free Software Licenses in New iPad App Promotion