Social Media Surf Rotating Header Image

Posts Tagged ‘デジタルサイネージ’

Corona Facebookとタイムズスクエアのビルボードを連携させたキャンペーン

メキシコビールの”Corona”はヤングアダルト層をターゲットにしたFacebookファンページとデジタルサイネージを連携させたキャンペーンを展開している Corona Light Facebookファンページ メキシコのビール会社”Grupo Modelo”はヤングアダルト層に向けCorona LightをプロモーションするためキャンペーンサイトをFacebookに立ち上げている。”アメリカで最も好まれている(Liked)ライトビール”を目指す取り組みの一環として、Facebookを中心に据えた展開をしている キャンペーンサイトでは、Corona Lightがアメリカで最も好まれているライトビールになるためにあなたの”Like”で助けて下さいと訴えかけている。キャンペーン中にLikeをした人は11/8〜12/6の間、ニューヨークのタイムズスクエアにあるCorona Lightの屋外広告で写真が紹介されるという特典が与えられることになっている キャンペーンサイトではアプリが組み込まれており、Likeを押すとタイムズスクエアのデジタルサイネージに掲載したい写真をアップロードするアプリが立ち上がってくる仕組みになっている キャンペーン自体は非常にシンプルなものであるが、一緒にNo.1を目指そうというメッセージや広告を一緒に作ろうという姿勢はファンであれば素直に応援したくなるはずだろう。直球でFacebookファンページをつかうとこういう形になるのかもしれない ソース:Mashable Corona’s New Facebook Campaign Puts Your Face in Times Square

ディズニー 新作映画で”マジカル”なデジタルサイネージプロモーション

ディズニーはインタラクティブなデジタルサイネージを使って新作映画”The Sorcerer’s Apprentice”のプロモーションを行っている ニューヨークのMACY’S入り口に建設されたスクリーンでは、ユーザーが魔法使いになれる “3-D gesture technology”を使ったスクリーンではユーザーの動きを感知し、魔法使いのようにプラズマボールを投げたり、ほうきを操ったりする事ができる また、スクリーンの中でのプレイが終わると魔法使いの衣装との合成記念写真を撮影、パーミッションが取られればその写真はFacebookのファンページにアップロードされるという仕掛けまで用意している ソーシャルメディアでのバズや実際の口コミ効果が期待できるプロモーションになっている ソース:AdWeek A window-display promo for Disney’s The Sorcerer’s Apprentice is nearly magical

カナダ観光局インタラクティブなデジタルサイネージプロモーション

カナダ観光局はニューヨーク、シカゴ、ロサンゼルスの3都市でタッチパネル方式のデジタルサイネージを利用したキャンペーンを展開している デジタルサイネージではカナダを旅行している人のTwitterでのつぶやきや写真をライブで活用し、触れた人にカナダを感じてもらう事にチャレンジしている タッチパネル方式のサイネージは独自のインターフェイスが採用されており、軽快なインタラクティブ性が実現されている このユニークなデジタルサイネージの採用で普段は忙しくなかなか立ち止まってくれない人のプロモーションへの接触率を高める事に成功していると伝えている ソース:Social Times Tourism Canadian Goes Social With Interactive Twitter Murals